今回は、夏の甲子園2017栃木県代表である、作新学院のメンバー&出身中学を紹介を紹介していこう。

7月23日、夏の高校野球選手権大会栃木県予選の決勝が行われ、作新学院が國學院栃木を見事15-1で破り、甲子園への切符を手にした。

作新学院はこれで7年連続の甲子園出場となる。まさしく名門・強豪と呼んで相応しいチームだ。

決勝戦では先発全員安打となる19本で15得点、投げては先発・篠原が8回1/3を投げ6安打1失点の好投をみせた。

昨年の甲子園覇者である作新学院は、今年の甲子園でも注目されることだろう。

さて、それでは今年の作新学院のメンバーは一体どのような構成で、見事甲子園出場を決めたのか。

出身中学も含め、早速みていこう。

スポンサーリンク

作新学院のメンバー&出身中学

背番号 名前 ポジション 学年 出身中学(出身チーム)
1 大関  秀太郎  投手 3  宇都宮市陽南中(上三川ボーイズ)
2 加藤  翼 捕手 3 日光市今市中(県央宇都宮ボーイズ)
3 七井  祐吏 内野手 3 芳賀町芳賀中
4 石戸  智也  内野手 3 宇都宮市雀宮中(県央宇都宮ボーイズ)
5 中島  淳  内野手 3 高崎市高南中(前橋シニア)
6 添田  真聖  内野手 3 日光市今市中(栃木下野シニア)
7 相原  光星  外野手 3 宇都宮市清原中(鹿沼ボーイズ)
8 鈴木  萌斗  外野手 3 宇都宮市旭中(宇都宮シニア)
9  大久保  湧史  外野手 3 日光市大沢中(県央宇都宮ボーイズ)
10 篠原  聖弥  控え 3 鹿沼市東中(鹿沼ボーイズ)
11 高山  陽成  控え 2 那須塩原市西那須野中
12 磯  一輝  控え 2 上三川町明治中
13 池沢  快斗  控え 3 宇都宮市古里中
14 宇井  健人  控え 3 鹿沼市北押原中
15 小田桐  大  控え 2 宇都宮陽南中(上三川ボーイズ)
16 菅野  竜希  控え 2 日光市日光中(鹿沼ボーイズ)
17 篠田  大輔  控え 2 小山市小山城南中
18 丸山  翔平  控え 3 鹿沼市北押原中
19 染谷  凛太郎  控え 3 宇都宮市陽西中
20 原田  祐貴  控え 3 宇都宮市城山中(鹿沼ボーイズ)

監督・・・小針崇宏(34歳)

 

國學院栃木との決勝戦では、以下のメンバーが先発として戦った。

打順 ポジション 名前 背番号
 1  レフト 相原  光星  7
 2  ショート 添田  真聖  6
 3 センター 鈴木  萌斗  8
 4 サード 中島  淳  5
 5 ファースト 七井  祐吏  3
 6 セカンド 石戸  智也  4
 7 ライト  大久保  湧史  9
 8 キャッチャー 加藤  翼  2
 9 ピッチャー 篠原  聖弥  10

前日の準決勝で8回1/3を投げたエース・大関は温存。

代わりに先発マウンドに登ったのは背番号10・篠原であった。その篠原は8回1/3を投げ6安打1失点の好投。

これまではエース・大関が中心となり、チームを支え続けてきたが、小針監督は篠原の成長を促すように、春季大会から篠原を起用し続けた。

そして篠原は、見事その期待に応え、夏の甲子園出場を決める決勝戦という舞台で躍動した。

最後はエース・大関が締めたことで、エースだけでなく素晴らしい投手陣がいるということを、これから甲子園で戦う全国の高校に印象づけたことだろう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだっただろうか。

7年連続13度目の甲子園出場を果たした作新学院。

昨年の甲子園覇者というプレッシャーは相当なものだっただろうが、それを見事に跳ね除け、甲子園連覇という夢を繋げた。

投手陣は大関と篠原が切磋琢磨し成長。その絆の深さも、チームの強さの秘訣だろう。

打線も強力であるということは、この決勝で大いにアピールしたことで、甲子園でも相手にプレッシャーを与えることだろう。

甲子園2連覇という目標を目指し、栃木を背負って戦っていく。

今年も栃木代表・作新学院から目が離せない。

関連記事

【夏の高校野球2017】栃木県予選結果まとめ

【夏の高校野球2017】茨城県予選結果&優勝予想