今回は、夏の高校野球地方大会に関してお伝えしていきたいと思う。そして、この記事では”福島県大会2017”の結果&優勝予想を行っていく。

福島県の、夏の予選県大会が開幕するのは7月7日。

会場は~11日までの前期があづま球場、白河グリーンスタジアム、ヨーク開成山スタジアム、あいづ球場、いわきグリーンスタジアム。

7月15日から決勝22日までの後期はあづま球場、信夫ヶ丘球場、白河グリーンスタジアム、天狗山球場。

開会式や決勝戦が行われるメイン球場はあづま球場となる。

今年は10年連続甲子園出場を狙う名門、聖光学院や、春季高校野球県大会で準優勝のいわき光洋、練習試合で強豪・横浜高校を完封した尾形擁する学法石川など、例年以上に混戦が予想される。

弟99回大会となる今年の甲子園に出場するのは、果たしてどの高校になるのか。

優勝予想を踏まえて、結果をみていこう。

スポンサーリンク

高校野球福島大会2017結果

※こちらは結果が分かり次第随時更新していきます

1回戦

【7月7日】

開催時間 高校名 点数 高校名
12:00 安達 9-2 福島南

 

【7月8日】

開催時間 高校名 点数 高校名
9:00 郡山北工  3-4 平工
9:00 清 陵 情 報 33-0 新地
9:00 いわき海星 0-1 勿来工
10:00 会津 4-2 福島工
10:00 岩 瀬 農 15-4 梁川
11:30 安積黎明  0-7 福島北
11:30 あさか開成 1-5 原町
11:30 白河旭 0-10  平商
12:30  1-8 会津学鳳
12:30 福島成蹊 7-3 白河
14:00 南会津  3-8 塙工
14:00 磐城農 6-2 相馬東
14:00 郡山東  3-1 只見

 

【7月9日】

開催時間 高校名 点数 高校名
9:00 聖光学院  13-0 本宮
10:00 喜多方  11-1 安達東/川俣
10:00 須賀川桐陽 9-2
10:00 湯本 14-0 福島明成
10:00 福島  1-3 日大東北
11:30 石川  2-3 小高産業技術
12:30 学法石川  3-1 福島高専
12:30 相馬農  1-35 修明
12:30 郡山商  8-0 大沼
12:30 長沼  1-11 いわき光洋
14:00 相馬  10-5 会津農林

 

【7月10日】

開催時間 高校名 点数 高校名
9:00 福島東  5-1 会津工
10:00 東日大昌平  0-2 磐城
10:00 田村  7-2 磐城桜が丘
10:00 保原  1-8 須賀川
10:00 会津ザベリオ  8-2 田島
11:30 尚志  3-4 福島商
12:30 安積  5-2 平工
12:30 白河実  4-3 清陵情報
12:30 郡山  8-1 勿来工
12:30 喜多方桐桜  1-4 若松商
14:00 帝京安積  11-2 安達

 

【7月11日】

開催時間 高校名 点数 高校名
10:00 小野  3-4 会津
10:00 いわき総合  4-3 岩瀬農
10:00 ふたば未来  3-0 福島北
10:00 福島西  8-0 原 町
10:00 二本松工  4-3 平商
12:30 好間/遠野/四倉  7-8 塙工
12:30 学法福島  3-1 会津学鳳
12:30 船引 1-2 磐城農
12:30 光南  10-1 郡山東
12:30 会津西連合  0-14 福島成蹊

2回戦

 

3回戦

 

準々決勝

 

準決勝

 

決勝

 

スポンサーリンク

高校野球福島大会2017優勝予想!

やはり優勝候補筆頭は聖光学院だろう。

春季大会決勝ではいわき光洋相手に18対3の大勝。4回から代打で途中出場した松本(3年)が2本の本塁打を放つなど、選手層の厚さは健在である。

また、甲子園の舞台を経験しているというのも大きい。1年生や2年生の頃からベンチやスタンドであの空気感を味わっているのは、大きなアドバンテージとなるだろう。

また、練習試合で横浜高校を完封したプロ注目投手・尾形のいる学法石川にも注目したい。MAX147キロの直球とスライダーで真っ向勝負を挑めるパワーピッチャーである。

春季大会では準々決勝で聖光学院と対決し、9回2アウトからの逆転を許したものの、常勝軍団をあと一歩というtころまで追い込んだ。

打線にやや不安は残るものの、この尾形が試合を1~2失点以内に纏められれば勝機は確実にあるだろう。

春季大会で準優勝に輝いた、いわき光洋も見逃せない。夏の大会でも活躍が期待される好打者・園部(3年)は準決勝、決勝と2試合連続で本塁打を放ち、存在感を示している。決勝では18対3で破れたものの、名門にも屈しない打撃力、そしてチームバランスの良さは、今年の夏のダークホース的存在になることだろう。

まとめ

今年は春季大会で合計15本の本塁打が飛び出すなど、全体的に打撃力が上がっている印象の福島県。

聖光学院の10年連続出場を阻止すべく、各校とも「打倒・聖光」を掲げ、大会へと臨むだろう。

逆に追われる側の聖光学院は、この周囲のプレッシャーに耐え抜いていかないとならない。

果たして、今年、福島代表という称号を手にするのはどの高校か。

夏の高校野球関連記事