今回は、高校野球ではなぜ木製でなく金属バットを使うのか?その理由や規定を紹介していこうと思う。

高校野球の醍醐味でもある、「カキィィン」と球場中に鳴り響くほどの高い金属音。

その音がした瞬間に歓声が沸き、それが大歓声に変わったり、溜め息にも変わったりする。

この高い金属音は高校野球独特のものであり、軟式ボールを金属バットで打っても、木製バットで硬式ボールを打っても再現できない。

 

そう、プロ野球や大学野球と高校野球との大きな違い、それこそバットの素材である。

プロ野球や大学野球で使われるバットは全て木製。それに比べ、高校野球では金属バットを使用することが”許されている”。

しかしなぜ、プロや大学野球、社会人野球では木製バットを使うのに、高校野球でだけは金属製のバットが許可されているのか。

まずはその理由に迫っていこう。

スポンサーリンク

高校野球はなぜ木製でなく金属バットを使うのか?

高校野球で初めて金属バットが導入されたのは1974年。原辰徳が高校に入学した年でもある。

それまでは、高校野球でも木製バットが使用されていた。

ではなぜ、金属バットを使用するに至ったのか。

それは、”経済的理由”が最も大きい。プロ野球を観ていれば、バットが折れるシーンを目撃したことが一度はあるだろう。

木製バットには、”折れやすい”という欠点がある。金属バットの場合、金属疲労などで長い期間使ったり、無茶な使い方をしない限り、長い期間使用することができるのに対し、木製バットは下手をすれば、たとえ新品でも一度のバッティングでも折れてしまう可能性さえあるのだ。

プロでも芯を外せば折れてしまう木製バットを、まだ技術に乏しい高校生が使えばどうなるのかを想像するのは容易いだろう。

1本1万円相当の木製バット、それを試合ならいざしらず、練習でもボキボキ折られたのでは、お金がいくらあっても足りない。

そういった経済的理由で、折れづらく耐久性の高い金属製のバットが開発されたのである。

 

また、金属製のバットに変わったことで、高校野球の面白みが増したのも、普及に至った要因だろう。

木製バットの”芯”と呼ばれる部分は、ボールひとつ分にも満たない。この小さな芯に当てなければ、高校生ではホームランはおろかヒットすらなかなか出ないような状況であった。

しかし、金属製のバットが生まれ、打撃は劇的に進化した。芯と呼ばれる部分は、木製バットの4倍ほどに広がり、しっかりバットを振る力さえあれば、ホームランも生まれるようになったのである。

夏の甲子園で金属バットが採用された74年以降、ホームランの1試合平均本数は73年までの0・2本から、3倍の0・6本にペースアップした。

近年は更に1試合平均本数が0・8本に増加。打高の時代が到来したのだ。

 

このように、最初こそ経済的理由から金属バットが使用され始めたが、結果的に長打やホームランが増え、観客もより盛り上がるようになったのである。

スポンサーリンク

高校野球で使用できる金属バットの規定

まず、高校野球でも木製バットを使用することは何ら問題がない。それ以前に地方によっては、「雷が鳴った場合には木製バットを使うように」というルールもあり、ベンチ内には最低2本以上木製バットを用意することが義務付けられていることもある。

高校野球で使用できるバットは以下の4つで、

1、木製バット

2、木片の接合バット

3、竹の接合バット

4、金属バット

の使用が認められている。

金属製バットの場合、「製品安全協会認可マーク(SGマーク)」付けられているもの以外は使用禁止である。

グリップテープの色も、黒色か茶色のみに規定で定められており、その他の色は使用不可。

重さは900g以上、長さは106.7cm以下と義務付けられている。

市販されている金属バットであれば、大抵はこのルールが適用されているので問題は無いのだが、海外製のバットを使用する場合にはSGマークが無かったり、重さや長さの規定が守られていなかったりする場合があるので注意が必要である。

まとめ

いかがだっただろうか。

木製バットと金属バットの違いはかなり大きい。金属バットに慣れ、いわゆる「金属打ち」というバッティングに慣れてしまった選手の場合、プロや大学野球に入ったとき、あまりの違いに戸惑うことになるだろう。

近年は、そのギャップを解消するため、練習で木製バットを取り入れるチームも増えている。確実に真芯に当てるための練習にもなるし、木製で長打が打てれば金属バットでホームランを打つことも容易いだろう。

もし練習に取り入れたいのであれば、木製ではなく竹製のバットがおすすめだ。打った感触や芯の大きさは木製バットと変わらないが、木製バットよりも折れにくいというメリットがある。練習には最適だろう。

さて、以外にも経済的な理由から使用され始めた金属バット。しかし、結果的に野球の歴史を大きく変えるほどの効果をもたらした。

今年も、あの夏空を駆け抜ける金属独特の快音をはやく聞きたいものである。

関連記事

少年野球用バットで飛距離が伸びる種類はカタリストorビヨンドか?

少年野球用バットのおすすめ人気シリーズを紹介!軽くて飛ぶ種類も!

高校野球硬式グローブおすすめランキング!色規定やルールも紹介