今回は、プロ野球選手でもタバコを吸っている選手、その喫煙者選手リスト一覧を紹介しようと思う。

タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど、健康を害する可能性の高いもの。

特に呼吸器系を痛めやすくすることから、激しい運動を常とする野球選手には無縁だと考えている人も多いだろう。

しかし、実はタバコを嗜んでいるプロ野球選手が意外にも多くいることをご存知だろうか。

しかも、それは意識の低い三流選手ではなく、毎年トッププレイヤーとして活躍している選手の中にも多くいるのである。

今回は、タバコを嗜んでいるプロ野球選手を一挙に紹介していこう。

スポンサーリンク

プロ野球喫煙者選手リスト一覧!

金本 知憲監督(阪神タイガース)

喫煙しているプロ野球選手の中ではもはや代表格といっても過言ではない。ネット界隈ではアニキ+ヤニ(タバコ)を掛け合わせ、「ヤニキ」とまで呼ばれるほど。

初めて喫煙シーンが世に晒されたのは、まさかの試合中。たまたまカメラがベンチを映した瞬間、禁煙のはずのベンチ内でタバコの煙を燻らせる金本の姿。これにより、金本がタバコを嗜んでいることが全国に知れ渡ったのである。

※吸っている銘柄・・・不明

※実際の映像

坂本 勇人(読売ジャイアンツ)

ジャイアンツのキャプテンであり、WBCでもスタメンとして活躍。球界最高レベルの遊撃手とも称される坂本も、実は喫煙者であった。

路上喫煙し、吸殻をポイ捨てしていた場面もスクープされ、他にも会合の場面で思いっきりタバコを吸っている姿も写真に収められている。

素晴らしい成績を残しており、日本代表としても活躍している坂本だが、ポイ捨ては頂けない。

※吸っている銘柄・・・不明

筒香 嘉智(横浜DeNAベイスターズ)

ハマの4番として横浜DeNAを支える筒香も喫煙者のようだ。

決定的な場面は目撃されていないものの、とあるスポーツジャーナリストは、侍ジャパンの台湾遠征の際に、球場のロッカールーム付近でタバコを嗜んでいる姿が目撃されている。

その他にも、街中の飲み屋でタバコを嗜んでいる筒香選手を目撃したという情報もあるので、これはあながち噂だけでは無さそうだ。

※吸っている銘柄・・・不明

中田 翔(日本ハムファイターズ)

ファイターズ、そして日本の4番として、圧倒的パワーと威圧感のあるルックスで相手を圧倒する中田 翔。しかしその強面なルックスも相まって、あまりタバコを吸っていることに違和感を感じないのは私だけだろうか。

中田が喫煙していると噂される原因となったのは、侍ジャパンの決起集会の際。中田のいるテーブルの上にタバコの箱が置いてあったこと。

また、先述した筒香の台湾での喫煙目撃時にも、中田は同席していたようだ。

※吸っている銘柄・・・不明(赤マルボロ?)

糸井 嘉男(阪神タイガース)

身体能力、天然要素ともに規格外の男、糸井 嘉男。どこで覚えたのか、この糸井もタバコを嗜んでいる姿が写真に収められている。

ファンからも「キャビンマイルドのパッケージを片手にウロウロしていた」という目撃情報があるため、糸井がタバコを吸っているのはほぼ確実だろう。

不振に悩んだ末に禁煙したという噂もあるが、果たして真相はいかに。

※吸っている銘柄・・・キャビンマイルド

菊池 涼介(広島カープ)

日本最高レベルの二塁手であり、その姿は”忍者”とも称されている菊池も喫煙者だったようだ。

菊池も参加していた選手同士の飲み会の写真を、他の選手がtwitterにアップした際に菊池の座るテーブルの上にタバコがしっかり映りこんでいたことから、菊池も喫煙者であることが判明した。

喫煙者でありながらも、あの驚異的な反射神経、そして身体能力を持っている菊池には驚きである。

※吸っている銘柄・・・アメリカンスピリット

今宮 健太(福岡ソフトバンクホークス)

若手ながらソフトバンクホークスの遊撃手としてスタメン出場している今宮。守備センス、肩の強さも素晴らしい能力を持っているが、そんな今宮も喫煙者だったようだ。

今宮も菊池と同様、飲み会での写真がアップされた際にタバコが映りこんでいたことで喫煙者であることが判明。

さらに、球場のベンチ裏でタバコを嗜んでいるような場面も目撃されている。キャリアの長い金本ならまだしも、まだ若手の部類に入る今宮がベンチ裏で喫煙しようものなら先輩選手に締められそうな気もするが・・・。

※吸っている銘柄・・・セブンスター

スポンサーリンク

松井 稼頭央(元・東北楽天ゴールデンイーグルス)

42歳という年齢ながら、未だに若手選手も驚きの筋肉質な肉体を持つ松井。2017年には楽天を退団したことでコーチとして現役を終えるのかと思いきや、現役続行を宣言し古巣・西武に復帰するという噂もある。

そんなスーパーアスリートのような松井も、選手同士の飲み会の写真でタバコがテーブルの上に置かれていたことから喫煙者であることが判明している。

タバコを吸っていてもパフォーマンスが衰えないのは、その持ち前の肉体の影響なのだろうか。

※吸っている銘柄・・・赤マルボロ

西川 遥輝(日本ハムファイターズ)

足を生かし、ダイヤモンドを自由に駆け回る北海道のスピードスター、西川。

あれだけ走れる選手にも関わらず、意外にも喫煙者であるらしい。

目撃されたのは中田 翔の実家で行われた決起集会の場面。取材のカメラも入っていたのだが、その際に、しっかりと火の点いたタバコを手にしているのがバッチリ映っていた。

運動能力に支障をきたすタバコだが、その影響で成績が不振に陥った様子は無い。やはりアスリートの肺活量は、タバコ程度では影響しないのだろうか。

※吸っている銘柄・・・不明

炭谷 銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)

西武ライオンズの正捕手・炭谷も、かなりの愛煙家であるようだ。

こちらも選手同士の飲み会での写真がtwitterにアップされた際に、炭谷の前にしっかりとタバコの箱、そしてかなりの量を吸ったと思われる量の灰皿があったことで判明した。

また、侍ジャパン台湾遠征の際にも、球場のロッカールームの入り口付近で筒香、中田とともに灰皿を囲んでいる姿を記者に目撃されている。

※吸っている銘柄・・・赤マルボロ

 

上記で紹介した以外にも、多くの選手が喫煙しているようだ。

小谷野栄一(オリックス)が喫煙所でタバコを吸っている様子が目撃されていたり、仙台の新幹線ホームにある喫煙所では西武ライオンズの浅村、外崎、愛斗、岡田、山川、源田その他数名が喫煙所でタバコを吸っている様子がファンに目撃されている。

しかし、なぜここまで喫煙していることが公になるのか?

選手の喫煙はなぜバレる?

やはり、理由としてはSNSの普及につきるだろう。

一般人であっても、メディアと同じような発信力を持った昨今。ファンが選手の喫煙シーンを目撃しSNSで発信すれば、たちまち拡散していき、多くの人に知れ渡ってしまうだろう。

また、選手自身が自爆する、というパターンも多い。最近では選手がSNSを活用していることも多く、楽しげな写真をアップしてくれるのはいいが、その際にタバコが映り込んでいることで喫煙者であることが発覚することも多い。

プロの野球選手であれば付き合いやストレスなどからタバコに手を出すこともあるだろう。

しかし、プロのアスリートであれば、やはり身体に支障をきたすような行いは極力避けて欲しいとも思う。

子供達が憧れとしているような選手であればなおさらである。子供達の憧れの視線をこれからも一身に背負うのであらば、やはりプロアスリート”なり”の行いを心がけて欲しいと、個人的に思う次第だ。

まとめ

いかがだっただろうか。

意外にも多い、プロ野球選手の喫煙者。しかも、今回紹介しただけでも多くのスター選手や日本代表選手が含まれていることにも驚きである。

一昔前であれば喫煙する野球選手というのも普通だったかも知れないが、現代で野球選手が喫煙しているとあらば、あまり良いイメージはされないだろう。

最近はコーチが若手選手に対して喫煙に対する指導を行うなど、喫煙によるイメージ低下を避けるように心掛けているようだ。

広島カープの「神ってる男」こと鈴木誠也も元は喫煙者だったようだが、怪我の回復を遅くしてしまうなどの理由から禁煙している。

スポーツ選手たるもの、人一倍身体のケアには気を配って欲しいところである。