今回は、夏の甲子園の広島代表である、広陵高校 野球部の2017年メンバー&出身中学を紹介を紹介していこう。

広陵高校といえば、やはり思い出されるのは2007年の夏の甲子園だろう。

現在は広島カープで活躍するエース・野村と、読売ジャイアンツで活躍する捕手・小林のバッテリーで、決勝まで上り詰めた。

しかし、ダークホースであった佐賀代表・佐賀北高校の勢いは決勝戦でも衰えず、広陵は惜しくも破れ、優勝を飾ることはできなかった。

あれから10年が経ち、甲子園出場は数回果たしているが、未だ優勝は飾れていない。

「今年こそ」。チーム全体がそんな想いで、広島県地区予選を戦ってきたことだろう。

 

そして今年、3年ぶりに広陵が甲子園に帰ってくる。

7月25日に行われた決勝戦、猛烈な追い上げをみせる広島新庄から逃げ切り、全90チーム(93校)の頂点に上り詰めたのである。

マツダスタジアムで行われた決勝戦は、まさに名門同士の白熱した、実に決勝らしい試合であった。

打線が爆発した4回、先制弾を放ったのはプロでも注目されている捕手・中村奨成。打線に勢いをつける見事な先制弾を放ち、打線に火をつけた。この後に打線が繋がり、4回に一挙6点を奪った。

しかし、相手は甲子園3年連続出場を目指す名門・広島新庄。5回に2点、7回に3点を奪い、6-5。ジリジリと追い上げをみせる。

勢いは確かに広島新庄寄りだった。だが、エース平元、そして後を託された山本が後続をシャットアウト。9回表に3点を奪い、結果は9-5。広陵の地力の強さが如実に現れた試合運びで、見事に甲子園を勝ち取ったのである。

 

3年ぶりの甲子園を決めた広陵だが、初戦は名門・中京大中京。まるで甲子園決勝でもおかしくないような相手が、初戦で立ちはだかる。

この中京大中京に、広陵は果たしてどのようなメンバーで立ち向かっていくのか。出身中学を含め、紹介していこう。

スポンサーリンク

広陵高校野球部のメンバー&出身中学

背番号 名前 ポジション 学年 出身中学(出身チーム)
1 平元 銀次郎  投手 3 福智町金田中(西日本スコーピオン)
2 中村 奨成 捕手 3 廿日市市大野東中(大野シニアBBC)
3 大橋 昇輝 内野手 3 広島市安西中
4 吉岡 広貴  内野手 2 広島市三入中(ヤングひろしま)
5 松岡 直輝  内野手 3 福山市松永中(尾道シニア)
6 高田 桐利  内野手 2 倉敷市福田中(倉敷ビガーズ)
7 加川 大樹  外野手 3 呉市和庄中(呉ファイターズ)
8 谷口 秀斗  外野手 3 吹田市千里丘中(吹田シニア)
9 高田 誠也  外野手 3 広島市庚午中(広島西シニア)
10 山本 雅也  控え 3 東広島市安芸津中(東広島ボーイズ)
11 森 悠祐  控え 2 広島二葉中(東広島シニア)
12 鉤流 大遂  控え 1 広島市大塚中(広島スターズ)
13 佐藤 勇治  控え 3 広島市口田中(呉ファイターズ)
14 村上 嘉一  控え 3 広島市国泰寺中(広島南シニア)
15 丸山 壮史  控え 2 神戸櫨谷中(宝塚ボーイズ)
16 猪多 善貴  控え 2 姫路市菅野中(姫路アイアンズ)
17 永井 克樹  控え 2 広島市翠町中(広島南リトルシニア)
18 岩本 淳太  控え 3 松原市松原第四中(全羽曳野少年公式野球協会)

監督・・・中井 哲之(55歳)

 

広島新庄との決勝では、以下のメンバーがスタメンとして出場した。

打順 ポジション 名前 背番号
 1 ショート 高田 桐利  6
 2 センター 谷口 秀斗  8
 3 キャッチャー 中村 奨成  2
 4 レフト 加川 大樹  7
 5 ライト 高田 誠也  9
 6 ファースト 大橋 昇輝  3
 7 セカンド 吉岡 広貴  4
 8 サード 松岡 直輝  5
 9 ピッチャー 平元 銀次郎  1

 

まず注目したいのは、やはりプロ注目の捕手・中村 奨成だろう。これまで数多くのプロ選手を輩出してきた中井監督が、「選手としての素材は(先輩である)小林誠司より上」と言わしめるほどの逸材だ。二塁送球タイムは脅威の1.74秒という強肩、50メートルは6.0秒で走るという俊足、ホームランを打ち込めるほどの長打力。甲子園でも大暴れしてくれることだろう。

エース・平元 銀次郎にも注目したい。最速146キロのストレートと、三振の山を築く高速カーブを武器に、広島予選では5試合に先発し、自責点は5。準決勝・広島商業戦では被安打4で完封に抑えた。

カウントを取りに行く際にボールが甘めに入る傾向はあるが、その部分を中村が上手くリードすれば、甲子園でも三振の山を築けるだろう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだっただろうか。

3年ぶりに甲子園に帰ってきた名門・広陵高校。甲子園では初戦から中京大中京と対戦するが、この試合に勝利できれば、一気に波に乗り優勝まで駆け上がる可能性も充分にある。

中京大中京サイドも警戒している、日本代表候補でもある平元-中村バッテリーが、甲子園でも自分らしいパフォーマンスをできるかどうかが、勝利の鍵となるだろう。

今年こそ、広島に優勝旗を持って帰ることができるのか。ぜひ初戦から注目していきたい。

関連記事

【夏の甲子園】ホームラン本数記録歴代ランキング

【高校野球】歴代最強チームや年代別最速ピッチャーを紹介

【夏の甲子園2017】出場代表校を47都道府県別に紹介!

【夏の甲子園】木更津総合野球部2017年メンバー&出身中学

【夏の甲子園】横浜高校野球部2017年メンバー&出身中学