今回は、ドラフト会議2017におけるプロ志望届提出選手一覧を、高校大学別に紹介していこう。

10月26日に行われる、ドラフト会議2017。

今年も、甲子園を沸かせたスター選手や、地方に埋もれている逸材選手、大学に入ってから才能が開花した選手など、多くの選手がいた。

特に今年のドラフトの目玉は、高校生BIG4とも言える清宮 幸太郎(早稲田実業)中村 奨成(広陵)安田 尚憲(履正社)増田 珠(横浜)だろう。

ドラフト1位指名候補筆頭であり、どれだけの球団が競合するのか、大いに注目である。

さて、しかしこの高校生BIG4の選手達を含め、どれだけの選手がプロ志望届を提出しているのか。

(ドラフトについてのルールやプロ志望届についてはこちら

さっそく、高校生、大学生別に、プロ志望届を提出した選手を見ていこう。

スポンサーリンク

プロ志望届提出選手一覧~高校生~

※一覧は9月19日時点、随時追記していく。

都道府県 学校 氏名 ポジション
 岩 手 盛岡大付属 比嘉 賢伸 遊撃手
  山 形 羽 黒 田中 優大 投手
  山 形 鶴岡東 吉住 晴斗 投手
 福 島 郡山商 山ノ井 雄喜 外野手
 福 島 いわき光洋 園部 佳太​ 内野手
 茨 城  筑 波 瀧 幸輝 捕手
 栃 木 青藍泰斗 石川 翔 投手
 栃 木 白鷗大足利 北浦 竜次 投手
 群 馬 常 磐 山上 信吾 投手
群 馬  健大高崎 湯浅 大 遊撃手
 埼 玉 埼玉栄 戸石 大樹
 埼 玉 花咲徳栄 清水 達也 投手
 埼 玉 花咲徳栄 綱脇 慧 投手
 埼 玉 花咲徳栄 西川 愛也 外野手
 千 葉 東海大市原望洋 金久保 優斗 投手
 東 京 堀 越 神保 優貴 捕手
 東 京 日大鶴ヶ丘 赤星 優志 投手、外野手
 東 京 大 島 三宮 仁 外野手
 東 京 東海大高輪台 宮路 悠良 投手
 東 京 日大三 櫻井 周斗 投手
神奈川 横 浜 喜多村 巴 投手
神奈川 武 相 山本 雅樹 捕手
神奈川 平塚工 金子 寛大
神奈川 星槎国際 本田 仁海 投手
長 野 松本第一 新山 進也  内野手
新 潟 関根学園 荒井 颯太 外野手
 新 潟 糸魚川白嶺 綱島 龍生  内野手
 新 潟 佐 渡 菊地 大稀 投手
 富 山 新 川 濵木 迅也 投手
福 井 啓 新 牧 丈一郎 投手
静 岡 小 笠 佐々木 健 投手
静 岡  御殿場西 木須 デソウザ フェリペ 捕手
 静 岡 磐田東 寺田 祐貴 外野手
 静 岡 飛 龍 比屋根 彰人 投手、外野手
岐 阜 美濃加茂 池戸 昇太  投手
滋 賀 野 洲 園田 彪  投手
京 都 京都成章 北山 亘基 投手
奈 良 添 上 乾 由磨 外野手
奈 良 大宇陀 中村 巴瑠 外野手
和歌山 箕 島 中川 虎大 投手
兵 庫 神戸弘陵 東 晃平 投手
 兵 庫 市西宮 山本 拓実 投手
 兵 庫 滝川二 髙松 渡 内野手
 兵 庫 西脇工 翁田 大勢 投手
 兵 庫  三田松聖 稲富 宏樹 捕手
岡 山 創志学園 難波 侑平 投手、内野手
 岡 山 おかやま山陽 小松 章浩 投手
 広 島 瀬戸内 森石 光一郎 投手
徳 島 新 野 折下 光輝 投手
徳 島 鳴門渦潮 河野 成季 投手
徳 島 小松島 森本 楓雅 外野手
 高 知 高 知 山﨑 翔立
 福 岡 真颯館 高木 渉 投手、外野手
 熊 本 秀岳館 田浦 文丸 投手
 大 分 柳ヶ浦 田中 瑛斗 投手
 沖 縄 八重山商工 平良 海馬 投手

 

青藍泰斗石川 翔は全球団が注目している。1位氏名はBIG4のうちの誰かと予想されているが、この石川も間違いなく競合が起きるであろう選手だ。高校生ながら151キロの直球を持ち、即戦力としても期待できる。

いわき光洋園部 佳太​は、3年生に上がってから急成長を遂げたバッター。3月~5月の間に20本もの本塁打を打ち、高校通産は48本塁打を誇る長距離砲。BIG4に勝るとも劣らない好打者である。和製大砲が不足している現在のプロ野球界にとって、指名しておきたい選手の一人だろう。

現状では43名の選手がプロ志望届を提出しているが、ここからまだまだ増えることが予想される。進学かプロ入りか注目が集まる清宮も、9月19日時点では提出していないようだ。

(※9月22日更新)

夏の甲子園を制し、日本一に輝いた花咲徳栄から、清水、網脇、西川の3名がプロ志望届を提出した。清水はU-18にも選出された実績を持っていることから、ドラフトでも上位指名が予想されている。

この時点で高校生のプロ志望届提出者は56人となった。

随時更新していくので、チェックしてほしい。

スポンサーリンク

プロ志望届提出選手一覧~大学生~

所属リーグ 学校 氏名 ポジション
 札幌学生 東海大北海道 馬目 知明 外野手
 仙台六大学 仙台大学 馬場 皐輔 投手
仙台六大学 東北学院大学 鈴木 遼太郎 投手
仙台六大学 東北福祉大 笠井 駿 外野手
仙台六大学 東北福祉大 菊名 裕貴 内野手
仙台六大学 東北福祉大 楠本 泰史 外野手
仙台六大学 東北福祉大 寺田 和史 内野手
 東京新大学 創価大 海老原 一佳 外野手
東京六大学 立教大学 笠松 悠哉 内野手
東京六大学 立教大学 熊谷 敬宥 内野手
東都大学 国士大学 椎野 新 投手
東都大学 国学院大学 山崎 剛 内野手
東都大学 国学院大学 諸見里 匠 内野手
首都大学 筑波大学 大道寺 拓 投手
首都大学 城西大学 阿部 力也 投手
首都大学 日本体育大学 谷津 鷹明 内野手
神奈川大学 横浜商科大学 渡辺 佑樹 投手
神奈川大学 横浜商科大学 佐藤デシャーン広之 外野手
東海地区 岐阜経済大学 與座 海人 投手
東海地区 中部学院大学 内海 大寿 投手
東海地区 中部学院大学 平岡 敬人 投手
東海地区 中部学院大学 西井 建陽 投手
関西学生 立命館大学 東 克樹 投手
関西学生 近畿大学 岡田 和馬 投手
阪神大学 大阪体育大学 奥田 一弘 外野手
阪神大学 天理大学 中村 和希 投手
阪神大学 追手門学院大学 今西 優一
近畿学生野球 奈良学園大学 村上 海斗 外野手
近畿学生野球 奈良学園大学 宮本 丈 内野手
中国地区 岡山商科大学 近藤 弘樹 投手
中国地区 岡山商科大学 蔵本 治孝 投手
福岡六大学 日本経済大学 木原田 崇俊 投手

9月19日時点でプロ志望届を提出しているのは14人。現状では、投手の割合が高い。

(※9月22日更新)この時点で大学生のプロ志望届提出者は32人に増加。

今年の高校世代は打高投低と呼ばれていただけに、大卒投手を欲しがる球団は多いことだろう。

打者部門では大阪桐蔭時代から活躍し、大学でそのバッティングに更に磨きがかけられた立教大学の笠松 悠哉も、大卒野手としてプロへの道を選択した。

投手部門では、立命館大学東 克樹には注目。最速152キロの直球を武器に、侍ジャパン大学代表にも選出されている期待の投手だ。2016年春では、MVP、最優秀投手、ベストナインも獲得している。

今後、もっと志望届提出者は増えていくと考えられるので、随時チェックしてほしい。

まとめ

いかがだっただろうか。

甲子園も無事終わり、遂にドラフト会議も目前に迫ってきている。各球団はどの選手を獲得するべきか、どのような補強を行っていくか、即戦力か長期育成か・・・日夜考え抜いていることだろう。

選手達は、今後の人生を左右する、自分の将来を決める大切な瞬間でもある。幼い頃からの夢が叶うのか、否か。運命の会議でもあるだろう。

果たして、今年のドラフト会議ではどのようなドラマが起こるのか。是非、10月26日に注目してほしい。