今回は、高校野球秋季大会2017の東海大会優勝候補を予想していこうと思う。

10月21日に愛知県を舞台に開幕する、高校野球秋季大会2017東海大会。

既に出場校全12チームが出揃っており、今か今かと開幕を待ちわびている状態だ。

新チーム体制となってからは初の大舞台となる、東海大会。センバツの切符も懸かっているだけあって、各チームとも既に来年を見据えた試合を見せてくれることだろう。

昨年は静岡代表である静岡高校が見事優勝を決めた秋季東海大会だが、果たして今年、東海地区のトップに輝くのはどこチームになるのだろうか。

さっそく、出場チームや優勝予想をみていこう。

スポンサーリンク

高校野球秋季東海大会出場チーム紹介

【静岡代表】

①・・・静岡   ②・・・常葉菊川  ③・・・常葉大橘

【愛知】

①・・・東邦   ②・・・愛産大三河 ③・・・中京大中京

【岐阜】

①・・・中京院中京②・・・大垣西   ③・・・岐阜各務野

【三重】

①・・・三重   ②・・・いなべ総合 ③・・・松阪商

 

以上、12チームが10月21日~29日の間で、愛知県で開催される東海大会に出場する。

高校野球秋季東海大会注目チーム

静岡代表・静岡

昨年覇者である、静岡には今年も注目したい。静岡大会決勝では常葉菊川に逆転勝ちし、見事に優勝。1位通過を決めた。

東海大会では例年、しっかり勝ち上がってくる強豪でもある静岡。今年もその打撃力に要注目だ。

愛知代表・東邦

愛知大会前から最も注目されていたのが、東邦である。準決勝では桜丘に追い込まれるシーンもあったが、強豪揃う愛知地区を順当に勝ち上がってきている。

森田泰弘監督も、「この大会は優勝したい。優勝して東海大会へ行かなくてはいけない」と強い気持ちで愛知大会を勝ち上がってきた。その言葉通り、見事愛知大会を優勝し、東海大会へと望む東邦。勢いそのままに、東海大会を勝ち進むことができるか。

岐阜代表・中京院中京

軟式野球部が全国優勝をしたばかりの中京院中京だが、硬式野球も10年ぶり10回目となる岐阜大会優勝を果たし、東海大会出場を決めた。

主軸となるのは恒川文秀。決勝では本塁打を含め四打数三安打と大活躍。チームのバランスは良く、しっかり大会に向けて仕上げてきた印象だ。

軟式野球部に続き、硬式野球部も好成績を掴めるか。

三重代表・三重

三重はいなべ総合との決勝戦、延長11回を制し見事に三重大会優勝を決めた。注目は三重のエース、定本拓真。球速140キロ台で球威もある定本は、夏の三重大会に登板したが、後一歩及ばず惜しくも甲子園を逃した。

この悔しさをチーム全体で共有し、新チームを作り上げている。その最初の成果としての東海大会出場である。是非、注目していきたい。

スポンサーリンク

高校野球秋季東海大会2017優勝予想・候補

静岡代表・静岡

まず本命に挙げられるのは静岡だろう。昨年覇者という実績もあり、東海地区での戦い方を熟知しているような印象を受ける。

初戦はいなべ総合(三重)岐阜各務野(岐阜)の勝者とぶつかることになるが、この初戦を切り抜けることが出来れば2連覇にぐんと近づくことだろう。

目立ったスター選手はいないものの、チームバランスは今大会でもトップレベル。自慢の打力をしっかり発揮できれば、試合を優位に進めることができるだろう。

愛知代表・東邦

愛知では圧倒的な強さを発揮していた東邦も、優勝候補に挙げられるチームだろう。甲子園でも常連である強豪・東邦は、東海大会でもその実力を発揮してくれることだろう。

特に注目は、この秋に急成長を果たした5番、梅田昂季(2年)。愛知大会では2試合連続本塁打を放っており、打線の軸として機能している。

初戦は常葉菊川松阪商の勝者との対戦。そして勝ち上がっていくと次には三重、大垣西、中京大中京のいずれかとの試合となる。

厳しいブロックで勝ち上がっていく必要があるが、センバツを目指すチームとあらば、甲子園常連であるチームを破らねばならないだろう。

 

静岡と東邦は、順当に勝ち進めば決勝でぶつかることになる。

もちろん、他のチームも強豪ひしめく地区大会を勝ち上がってきた強豪には変わりない。

だが、個人的な意見を言わせてもらえば、この2校がぶつかりあい、優勝を争って欲しいと思うところである。

東海大会歴代優勝高校

それでは最後に、東海大会の過去10年間の優勝高校を見ておこう。

開催年 優勝高校 準優勝高校
2007 常葉菊川(静岡) 中京大中京(愛知)
 2008 中京大中京(愛知) 掛川西(静岡)
2009 大垣日大(岐阜) 中京大中京(愛知)
2010 大垣日大(岐阜) 静清(静岡)
2011 愛工大名電(愛知) 三重(三重)
2012 県岐阜商(岐阜) 菰野(三重)
2013 三重(三重) 豊川(愛知)
2014 静岡(静岡) 県岐阜商(岐阜)
2015 東邦(愛知) いなべ総合(三重)
2016 静岡(静岡) 至学館(愛知)

まとめ

いかがだっただろうか。

10月21日開幕と、まもなくに迫っている高校野球秋季東海大会。

今回は完全なる私見で静岡か東邦の優勝を予想させていただいたが、高校野球はどう転ぶか分からない。飽くまで個人的予想の範囲であるので、他チームを応援している方はご了承頂きたい。

ともかく、センバツの切符も懸かった大切な一戦。各チームとも、今持っている最大限の力を持って挑んでくることだろう。

まずは初戦。どのチームが勝ちあがってくるか、是非注目してほしい。