今回は、春の選抜高校野球2018に出場当確である静岡高校野球部のメンバー、その出身中学や注目選手を紹介していこう。

秋季東海地区高校野球大会を2年連続4回目の優勝で飾り、春のセンバツ出場の切符を手にいれた静岡高校。

公立校ながら、秋季大会では多くの強豪高校を倒していき、まさしく「公立の星」として期待されている。

野球の強さもさることながら、学力も県内トップレベルの進学校。毎年、何人もの生徒を有名大学へ送り出している。文武両道を貫きながら、しっかりとスポーツでも結果を残しているのは流石と言える。

さて、それではその静岡高校を春のセンバツ出場へと導いたメンバーを、早速紹介していこう。

スポンサーリンク

静岡高校2018メンバー&出身中学を紹介

背番号 名前 ポジション 学年 出身中学
(出身チーム)
1 春 翔一朗  投手 2 浜松市中郡中
2 黒岩 陽介 捕手 2 静岡市竜爪中
3 山本 貫太 内野手 2 湯河原町湯河原中(静岡裾野シニア)
4 加茂 翔太  内野手 2 浜松市細江中
5 成瀬 和人  内野手 2 掛川市城東中
6 村松 開人  内野手 2 牧之原市牧之原中(島田ボーイズ)
7 小林 晃輝  外野手 2 藤枝市青島中(島田ボーイズ)
8 木下 将吾  外野手 2 浜松市北浜東部中(磐田ボーイズ)
9 齋藤 來音  外野手 1 磐田東中
10 鈴木 翔也  控え 2 牧之原市榛原中
11 佐野 冬弥  控え 2 富士市富士中
12 五味 紘希  控え 1 静岡理工科大星陵中(富士宮シニア)
13 梅林 浩大  控え 2 浜松市中郡中
14 樋口 裕紀  控え 1 静岡市東中(静岡ジュニアユースBBC)
15 鈴木 陸  控え 1 静岡市清水第六中(静岡蒲原シニア)
16 夏目 武尚  控え 1 浜松市三ヶ日中(浜松シニア)
17 片平 吉信  控え 1 静岡市清水庵原中(静岡ジュニアユースBBC)
18 斉藤 颯斗  控え 1 清水町清水中(静岡裾野シニア)
19 齋藤 亮兵  控え 2 長泉町北中(静岡裾野シニア)
20 草薙 誠  控え 2 静岡市竜爪中

監督・・・栗林俊輔(45)

春の選抜

センバツの出場権は秋季大会での成績が大きく左右させるため、秋季東海地区高校野球大会で優勝を果たした静岡高校は春のセンバツ2018への出場はほぼ当確となったと見ていいだろう。

栗林監督は「昨年秋の勢いを、このまま今年にもつなげていきたい」と語っており、既にセンバツへの熱意は充分。

公立の星として、春のセンバツでも期待していきたい。

春季大会

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

夏の高校野球

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

夏の甲子園

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

秋季大会

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

スポンサーリンク

注目選手を紹介!

春 翔一朗(投手)

昨年の春のセンバツメンバーに1年生ながら選出された春 翔一郎が、新チームからがエースとして静岡高校を牽引する。

秋季高校野球東海大会決勝でも、前日の準決勝を137球で完投をしていたが、リリーフとしてマウンドに上がった。

相手は新チーム結成時から39勝無敗という東邦という強豪相手だったが、春 翔一郎は6回から登板し1安打1点に抑え、6―5で逃げ切った。

130キロ前半の速球、スライダー、カーブ、チェンジアップを巧みに投げ分け、打ち気をそらすピッチングで静岡高校を勝利へと導く。

監督の経歴や特徴

公立である静岡高校を強豪へと育て上げた栗林俊輔監督。高校時代は磐田南高で捕手を守り、筑波大に進学後は学生コーチを務めていた経歴を持つ。

前任の浜松工高では、浦野博司(日本ハム)を擁して秋の東海大会ベスト8の実績を残すなど、その手腕を発揮。

2008年から静岡高の監督に就任し、2011年には甲子園出場するまでにチームを育て上げた。

監督就任後の9年でチームを春夏5回の甲子園出場。就任当初は伸び悩み、苦悩する日々が続いていたが、「勝負の八割は準備の段階で決まる。試合という本番で自分の持っているものを出せば結果は自ずとついてくる」という持論を生かし、基本に忠実な練習を行い、堅実なチーム作りを行っていった結果が、少しずつ結果に結びついてきた。

究極の目標は、「選手から『監督はもういらない』と言われるくらい自立したチームを作ること」で、選手個人が自らの考えだけでプレーできることが理想。

どこまでも選手の自立心を引き出し、チームの総合力を上げている。

静岡高校からプロ入りした選手

進路
川口盛外 広島カープ(投手)
ドラフト6位
増井浩俊 日本ハムファイターズ(投手)
ドラフト5位
黒田祐輔 阪神タイガース (野手)
ドラフト4位
深田拓也 読売ジャイアンツ(投手)
ドラフト6位
高木康成 近鉄バファローズ(投手)
ドラフト2位
寺田祐也 阪神タイガース(野手)
ドラフト5位
山崎一玄 阪神タイガース(投手)
ドラフト3位
赤堀元之 近鉄バファローズ(投手)
ドラフト4位
望月一 広島カープ(投手)
ドラフト4位
大久保学 南海ホークス(投手)
ドラフト2位
植松精一 阪神タイガース(野手)
ドラフト2位
望月充 阪神タイガース(野手)
ドラフト3位
大橋功男 東映(投手)
ドラフト8位
佐藤竹秀 近鉄バファローズ(野手)
ドラフト6位
服部敏和 近鉄バファローズ(野手)
ドラフト10位
小田義人 ヤクルトスワローズ(野手)
ドラフト2位