中田翔の妻・嫁や子供の名前・画像は?現在の愛車や2017年俸は?

日本ハムファイターズの4番として、そして侍ジャパンの4番としてチームを支えるスラッガーの中田翔。

大阪桐蔭高校時代からスラッガーとしての片鱗を見せ、1年生の夏から5番・ファーストのスタメンとして甲子園に出場し、高校通算87本塁打、推定飛距離170m弾を放つなどから、「平成の怪物」と呼ばれていた。

また、野球に対してストイックな一面を持ち、シーズン中でも打てない試合が続くと打撃フォームを改良している。

栗山監督からの信頼も厚く、「4番・中田翔」だけはどんなに不調が続いても貫き続け、「どんな投手に対しても、絶対に打てる可能性をいつも感じさせる選手」と云わしめるほどである。

そんな中田翔は、厳つい見た目や、派手なネックレス、時には金髪にするなど外見で勘違いされがちだが、内面はとても繊細でナイーブらしく、今年行われたアメリカ・アリゾナキャンプでは、宿舎にウォシュレットが無いという理由から「はやく帰りたいです」と発言していた。

女遊びも激しいのかと思いきや、とても一途であり、奥さんは高校時代からの同級生であり、自分から告白した女性だという。

今回は中田翔の、グラウンドの外側に注目していきたいと思う。

スポンサーリンク

中田翔の妻はどんな人物か?

中田翔曰く、「深田恭子似」らしい。先述したが、中田と同じく大阪桐蔭高校出身であり、大学は立命館大学に進学。4年生の就職活動中に中田から「俺が活躍して稼ぐから、今すぐ就職活動をやめてくれ」とプロポーズを受けた。ちなみに大阪桐蔭は「野球が強い」というイメージが強いが、文武両道を重んじているため、一般生徒からも人気が高いようだ。

立命館大学に通うほどの才女であり、周囲にも礼儀正しく、大学のマドンナ的存在だったらしい。

中田翔としてはプロ入り3年目となる2012年1月11日にゴールイン。ちょうど中田がプロとして活躍し始めた年である。

一般の方のため、写真は公表されていないようだが、中田翔がほれ込み、深田恭子似ということで、美女とみて間違いないだろう。

中田翔の子供は?

2013年に第一子が誕生、2016年に第二子が誕生した。二人とも女の子で、中田翔はメロメロらしい。

キャンプ中にサインをねだる子供にも、優しく対応してあげるなど、もともと子供は好きなようだ。かねてから、子供が生まれたら子煩悩になると自ら発言していたことからも、子供好きが伺える。

こちらも実名や写真は一切公開されていなかった。

豪快なイメージな中田翔だが、自身の家族のプライベートに関してはしっかりと守り抜いているらしい。

娘達のエピソードとして、広島出身ということから、今年の日本シリーズでは広島の実家に若手選手を招き、食事会を行った際、大谷翔平が中田の娘にいたく気に入られたらしく、大谷は食事そっちのけで娘さんのかくれんぼに付き合わされたらしい。老若男女に愛される大谷である。中田は大谷なら娘を結婚相手として認めてもいいと発言していた。(いわく顔もよく金も稼いでいるからとのこと)

スポンサーリンク

現在の愛車は?年俸は?

中田は常に、財布に50~100万円を入れているらしい。これはかっこつけるためであり、「財布がしまらないくらい札を入れていると目立つから」という理由からきている。パンチ佐藤世代のプロ野球選手のような羽振りのよさである。この不況の世の中で、バブルのような金銭感覚・・・。

身に着けている時計はJACOB&C.のファイブタイムゾーン、しかもオールダイヤモンド仕様(360万円)。さらに、札幌で酔っ払った勢いで、総額1000万円の時計をまとめ買いしたらしい・・・。

そんな中田の愛車であるが、以前、3000万円のランボルギーニを一括で、しかも衝動的に購入している。

どういう金銭感覚なんだろうか・・・。

ちなみにこの車、北海道で乗り回すのは無理があるらしく、T×Tで売却している。これはyoutubeに動画が配信されている。

しかしド派手な車である・・・。

関連記事も合わせてどうぞ!