濱口 遥大(横浜DeNA)投手とは?得意な変化球も!

2016年に横浜DeNAベイスターズから1位指名を受け、プロ入りを果たした濱口 遥大(はまぐち はるひろ)。

DeNAのエースだった山口が巨人にFA移籍したため、後のエース候補として期待されている投手である。

出身は佐賀県立三養基高等学校。3年春からエースとしてマウンドに上がり、県ベスト8を果たした経歴を持つ。甲子園への出場は叶わなかったが、3年の夏の予選では全試合完投(2完封)、27回31奪三振6失点という成績を残した。

その後、神奈川大学へと進み、野球部に入部。

2年生の頃には150kmをマークする等、プロからの注目も集まり始めた。

2016年10月20日に行われた2016年のプロ野球ドラフト会議で、柳裕也(明治大学)・佐々木千隼(桜美林大学)の抽選を外した横浜DeNAベイスターズから外れ1位で指名され入団。

エース山口がFA宣言していたことからも、投手補強は絶対であった横浜DeNAは、3人連続での投手指名を敢行したのである。

スポンサーリンク

濱口 遥大の評価は?得意な変化球は?

大学時代は日本代表に選ばれるなど、大学ナンバー1左腕の呼び声も高かった濱口。

体力もあり、春のキャンプでは多くのルーキーが根を上げる中、しっかりと最後まで取り組み続けたことも評価され、ルーキーイヤーながら開幕ローテーションにも組み込まれ、ラミレス監督からの期待はかなり高い。

2017年4月2日、東京ヤクルトスワローズとの試合で、プロとして初先発を果たすが、5回4失点を喫し、初勝利とはならなかった。

しかし、ここで2軍落ちとはならず、迎えた4月9日、中日ドラゴンズとの試合で2度目の先発を果たし、6回と1/3を投げ1失点で初勝利を挙げた。

マウンド度胸があり、最速151kmのストレートとブレーキの効いたチェンジアップを駆使し、三振を狙いにいくスタイルである。

他にもフォーク、カーブ、スライダーを投げ、ピッチングに幅を与えている。

左の速球派であり、西武の菊池のような投手になりそうだ。

 

4月25日の阪神戦では、6回までまさかのノーヒットノーラン。7回に糸井にヒットを許しマウンドを降りたものの、結果は球数99で被安打2本、奪三振は7個と、堂々たるピッチングをみせた。

この結果で間違いなく、横浜首脳陣の評価は高まったことだろう。

四死球を出してからリズムを崩してしまうのは課題だが、それでもこのストレートはそれを補って余りあるレベルにある。

ルーキーらしからぬマウンドさばき、三振を狙えるピッチングスタイルは、今後のDeNAの行く先を左右するキーマンとなるだろう。

スポンサーリンク

濱口 遥大の彼女は?

どうやら、現在はそういった浮いた話は無いようだ。

プロ1年目という大事な年である今現在は、野球に集中したいのだろう。

Twitterアカウント(@haruhiro_DeNA)も持っているようだが、まったくつぶやく様子がない。

今後は横浜DeNAのSNS番長、山崎に使い方や写真のアップの仕方を教わり、使いこなしていくのかもしれない。

まとめ

エース山口のFA宣言、そして投手補強がうまくいってなかったこともあり、一時はどうなるかと思ったが、濱口のピッチングをみてその不安は一蹴された。

まだ1年目、そこまで大きい期待を背負わせるのは酷かもしれないが、それでも、新たに誕生しつつある横浜のエース。

まずは今年、怪我無く無事に、最後までシーズンを駆け抜けていってくれればと思う。

関連記事

横浜DeNAベイスターズ春季キャンプ2018の日程や宿泊場所!

ヤクルトスワローズ春季キャンプ2018の開催地や日程を紹介!

オリックスバファローズ春季キャンプ2018キャンプ地や宿泊先!