WBC2017の開催地・チケットの値段・価格や購入方法!発売日はいつ?

上原が辞退を表明してしまったが、それでも期待は高まるWBC2017。シーズン中とはまた違った、日本を背負って団結して戦う姿は、見る者を魅了するだろう。

スポンサーリンク

これまでも、手に汗握る戦いを繰り広げてきた侍ジャパン。

2006年の「生き返れ!福留」の実況と共に、宿敵韓国を相手に放った先制ホームラン。

2009年、なかなか調子の上がらなかったイチローが、延長10回表に打った、値千金の勝ち越しセンター前ヒット。

2013年、9回表 2対3、ツーアウトという絶対絶命の場面から、鳥谷の盗塁、そして井端のタイムリーヒット・・・。

高校野球を見ていてもいつも思うが、野球とは本当に筋書きの無いドラマである。むしろ筋書きでさえ描けないような展開が待ち受けているのだ。

来年3月、あの感動が帰ってくるのだ。この感動を、是非現地で味わいたいという方も多いのではないだろうか。

今回は、現地で観るために必要な情報を見ていこう。

WBC2017開催地は?

1次ラウンド、日本が戦うプールBの開催地は、東京ドームである。

これは日本人としては嬉しい限りだ。さすがに海外となると、気軽に観に行くことは難しいだろう。余談だが、サッカーを観ていると、海外で試合しているのに普通に日本人応援団がいるのは、素直にすごいと思う。

さて、それでは2次ラウンドの開催地。

なんと、これも東京ドームなのだ。これはもう現地に観に行くしかないとさえ言える。日本が勝ち上がって行く姿を、ここ日本で、体感して頂きたい。

さて、気になる決勝ラウンドの開催地。

ドジャー・スタジアム。アメリカである。

野球が生まれた国で、野球大国と呼ばれる国で、我こそが世界一と。真の王者を決めるのに、これ以上ない開催地である。

まずは東京ドーム。侍ジャパンの躍動が待ちきれない。

スポンサーリンク

チケットの価格・購入方法は?

決勝はアメリカだが、1次、2次ラウンドは東京ドームで観られるということで、チケットを手に入れたい人も多いだろう。

気になるのはチケットのお値段である。観る位置によってかなり値段が左右されるので、詳しくはWBC2017公式ページを参照していただきたいが、ざっと紹介すると、

エキサイトシート・・・¥25,000

指定席S   ・・・¥16,000

指定席A   ・・・¥10,000

外野指定席  ・・・¥5,000

立ち見    ・・・¥2,000

となっている。

また、他にも、WBC2017オリジナル腕時計やユニフォームが特典として貰える座席もあるので、是非チェックしていただきたい。

チケットの購入方法は?

先行販売第一弾のチケットは、12月24日(土)から、ローソンチケットにて販売が開始されるようだ。

先行販売第2弾は1月7日(土)からで、ローソンチケット、e+、チケットぴあ、セブンチケットで販売される。

基本的にインターネットでの購入が主なようだが、ローソンチケットはローソンやミニストップ店頭に設置されている「Loppi」で、e+のチケットはファミリーマート店頭に設置されている「Famiポート」で、チケットぴあはセブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店頭で購入可能だ。セブンチケットはセブンイレブンのマルチコピー機で購入できる。

「まだまだ先のことだから」と放置していると、あっという間に完売するので、余裕を持って購入していただきたい。(私は大体そのパターンで買い逃してしまう)

一般発売は、1月21日からだが、激戦は必至なので、注意が必要である。購入方法は先行販売と変わりなく、指定のチケットサイトや各コンビニ店頭での購入となる。

 

さぁ、ついにもうすぐ、侍ジャパンの躍動が始まる。日の丸を背負いし侍達の激戦を、この目に焼き付けよう。

関連記事

WBCホームランボールキャッチ少年は今後出禁になる?

バトルスタジアム2018の出場選手や放送日を紹介!開催場所も!

プロ野球を戦力外になった選手のその後は悲惨?第二の人生の歩み