今回は、ドラフト会議2017高校生・大学生の指名予想&結果まとめを紹介していこう。

夏の甲子園が終われば、その後に気になるのはもちろん、ドラフト会議。

毎年のことだが、注目選手の進路というのは気になるところである。

特にドラフトの目玉とされている清宮 幸太郎の進路には、各球団とも、最も気にしていることだろう。

プレイヤーとしての実力もさることながら、高校生ながら球場を満員にできるほどの人気ぶり。もしも清宮を獲得できたなら、キャンプから清宮を一目見ようとファンが殺到することだろう。

他にも、西の大砲と呼ばれた履正社の安田、九州学院の超大型捕手・村上など、高校生選手ながらすぐにプロで活躍できそうな選手が目白押しである。

更に大学生では、148キロ左腕の亜細亜大・高橋 遥人、155キロをマークした豪腕、仙台大・馬場 皐輔や、走攻守の三拍子揃った上武大学・鳥巣 誉議など、こちらも注目したい選手は数多くいる。

 

さて、高校生、大学生ともに注目の2017年のドラフト会議。各球団はどの選手に狙いを絞っているのだろうか。

各球団の指名予想をしてみようと思う。

スポンサーリンク

結果まとめ

この項目はドラフト会議の結果が発表され次第、更新していきます。もうしばらくお待ちください。

 

ドラフト会議2017指名予想

 球団  1位  2位  3位以降~
 読売巨人 清宮 幸太郎(早実)
中村 奨成(広陵)
 笠松 悠哉(立教大)
清水 達也(花咲徳栄)
近藤 弘樹(岡山商科大)
馬場 皐輔(仙台大)
宮台 康平(東京大)
 ヤクルト 清宮 幸太郎(早実)
中村 奨成(広陵)
馬場 皐輔(仙台大)
増田 珠(横浜)
鍬原 拓也(中央大)
宮台 康平(東京大)
近藤 弘樹(岡山商科大)
中日 清宮 幸太郎(早実)
中村 奨成(広陵)
鍬原 拓也(中央大)
高橋 遥人(亜細亜大)
近藤 弘樹(岡山商科大)
宮台 康平(東京大)
高橋 遥人(亜細亜大)
広島 安田 尚憲(大阪桐蔭)
鍬原 拓也(中央大)
村上 宗隆(九州学院)
中村 奨成(広陵)
岩見 雅紀(慶応大)
馬場 皐輔(仙台大)
宮台 康平(東京大)
横浜DeNA 清宮 幸太郎(早実)
増田 珠(横浜)
宮台 康平(東京大)
宮本 丈(奈良学園大)
安田 尚憲(大阪桐蔭)
馬場 皐輔(仙台大)
鍬原 拓也(中央大)
阪神 清宮 幸太郎(早実)
安田 尚憲(大阪桐蔭)
近藤 弘樹(岡山商科大)
岩見 雅紀(慶応大)
中村 奨成(広陵)
馬場 皐輔(仙台大)
高橋 遥人(亜細亜大)
宮台 康平(東京大)
宮本 丈(奈良学園大)
ソフトバンク 清宮 幸太郎(早実)
安田 尚憲(大阪桐蔭)
中村 奨成(広陵)
山口 翔(熊本工)
川端 健斗(秀岳館)
増田 珠(横浜)
宮台 康平(東京大)
鍬原 拓也(中央大)
近藤 弘樹(岡山商科大)
オリックス 清宮 幸太郎(早実)
安田 尚憲(大阪桐蔭)
中村 奨成(広陵)
村上 宗隆(九州学院)
宮本 丈(奈良学園大)
川端 健斗(秀岳館)
宮台 康平(東京大)
増田 珠(横浜)
清水 達也(花咲徳栄)
東北楽天 清宮 幸太郎(早実)
東 克樹(立命館大)
馬場 皐輔(仙台大)
宮台 康平(東京大)
吉住 晴斗(鶴岡東)
近藤 弘樹(岡山商科大)
清水 達也(花咲徳栄)
千葉ロッテ 清宮 幸太郎(早実) 安田 尚憲(大阪桐蔭)
増田 珠(横浜)
村上 宗隆(九州学院)
宮台 康平(東京大)
高橋 遥人(亜細亜大)
日本ハム 清宮 幸太郎(早実)
中村 奨成(広陵)
村上 宗隆(九州学院)
草場 亮太(九州産業大)
清水 達也(花咲徳栄)
 鍬原 拓也(中央大)
草場 亮太(九州産業大)
増田 珠(横浜)
埼玉西武 清宮 幸太郎(早実)
村上 宗隆(九州学院)
安田 尚憲(大阪桐蔭)
宮台 康平(東京大)
山口 翔(熊本工)
鍬原 拓也(中央大)
近藤 弘樹(岡山商科大)
草場 亮太(九州産業大)

 

巨人、阪神、中日、日本ハム、ソフトバンクは、間違いなく清宮が欲しいところだろう。

歴史的不振に終わりそうな2017年の巨人は、もう一度ファンを獲得するためにも清宮というスター候補は欲しいはずだ。

一塁手の不足している阪神は、FA予定の中田が手に入らなかった場合も考えれば、清宮というスラッガーは合致する。

 

今年、観客動員がかなり伸び悩んでいる中日も、人気再生のためには清宮のようなスター選手は今一番欲しいところだろう。

日本ハムはこれまでも、最も知名度のある選手を1位指名してきたこと、そして中田翔のFAの可能性も考えれば、清宮を指名するのは確実だろう。

ソフトバンクは、王会長が清宮を気に入っていることもあり、1位指名、なくとも上位指名は確実だろう。

清宮幸太郎のドラフト評価&球団指名予想!巨人と阪神は獲得希望?

【進学か?プロ入りか?】清宮幸太郎の卒業後の進路とは?

 

中村 奨成

ほかにも、競合する可能性があるとすれば、高校生部門はやはり中村 奨成(広陵)だろう。

県大会でも注目されてはいたが、甲子園で大ブレイクを果たした選手だ。

清原氏が持っていた1大会5本塁打記録を塗り替え、6本の本塁打を放ったという衝撃。17打点、大会通算安打は19本と、驚異的な数字を叩き出し、一気に高校野球ファンを虜にしてみせた。

 

今年は特に野手が豊富だ。怪物・清宮 幸太郎(早実)、西の大砲・安田 尚憲(大阪桐蔭)増田 珠(横浜)村上 宗隆(九州学院)、3位予想には入らなかったが盛岡大付属の植田など、スラッガータイプの野手が多く、第二の筒香や中田翔のような選手になることも期待できる。

 

清水 達也

投手では、甲子園優勝投手でもある清水 達也(花咲徳栄)が評判以上の実力を魅せてくれた。ゆったりとリラックスしたフォームから放たれる150キロのストレート、キレの良いスライダーを武器に、花咲徳栄を埼玉県勢初の優勝に導いた。

 

山口 翔

甲子園は叶わなかったが、山口 翔(熊本工)にも期待できる。MAX151キロ右腕で、プロ11球団のスカウトを唸らせた。

夏の予選では惜しくも3回戦で敗れたが、良い意味での荒々しさ、素材の良さは、プロのトレーニングを積むことでどれだけの成長を魅せてくれるのかという、成長面での楽しみも与えてくれる。

 

馬場 皐輔

大学部門では、馬場 皐輔(仙台大)は要注目だろう。

最速155キロのストレートを操る右腕は、楽天の2軍相手に7回途中2安打の好投。
4月に行われた試合では、10球団のスカウトが視察に来るほどの注目株である。

スポンサーリンク

東 克樹

MAX152キロ左腕・東 克樹(立命館大)も注目したい。

大学日本代表にも選ばれた本格派左腕は、5月にはリーグ初となる2度目のノーヒットノーランも達成。
即戦力の先発ローテーション候補として、欲しがる球団は多くいることだろう。

 

笠松 悠哉

野手では笠松 悠哉(立教大)に注目。
181cm85kg、遠投は100mと、素晴らしい素材を持つ笠松。
今年5月の試合では満塁本塁打を含む2打席連続アーチを放つなど、持ち前のパンチ力が魅力である。

日本ハムのスカウトは「ウチの中田翔のようなパンチ力。どこでも欲しがる選手だろう」と高評価だ。

 

まとめ

総括すれば、高校生は野手が豊富だが投手がやや不足。逆に大学生は投手は豊富だが、野手が不足気味というところだろう。

しかしだからこそ、高校生、大学生から満遍なくプロ入りする可能性も高い。個人的には、高卒野手というのはロマンがあるので、是非とも清宮、中村、増田、安田あたりを獲得し、ガンガン一軍で起用してほしいところだ。

甲子園もひと段落し、いよいよドラフト候補も固まってきているこの時期。U-18日本代表では、どれだけ木製バットに適応できるかもスカウトの注目どころである。

果たして今年は、どれだけの選手がプロの門を叩けるのか。ドラフト2017には、是非注目してほしい。

関連記事

清宮幸太郎の卒業後の進路を予想!大学かプロ入りか?

【夏の甲子園2017】ドラフト上位候補/プロ注目選手を紹介!

【都市対抗野球2017】優勝予想とプロ注目選手を紹介!