今回は、夏の甲子園の宮城代表である、仙台育英 野球部の2017年メンバー&出身中学を紹介を紹介していこう。

8月1日、49代表のなかで最後に甲子園を決めたのが、宮城代表、仙台育英である。

大会期間中は雨に見舞われることが多く、中止になることもあったが、最後まで気持ちを切らさずに戦い続けた結果が、甲子園へと結びついた。

koboパーク宮城で行われた決勝は、永遠のライバル、東北高校。

決勝でも雨が降るという状況、しかも前日は準決勝、東陵との引き分け再試合を行っており、体力的にも疲れが残るなかでの試合となったが、最後まで集中力を切らすことはなかった。

2回に東北高校に先制を許すも、その裏にすかさず同点、プロ注目選手でもある主将、西巻が試合を決定づけるタイムリーを放った。

投げてはエース左腕・長谷川が3連投となるも、2失点完投。蓋を開けてみれば、7-2と圧勝。

見事、2年ぶり26回目の甲子園出場を果たした。

既に甲子園初戦での対戦相手も決まっている。大会第5日目、11日の第一試合、北北海道代表である滝川西

8月1日に甲子園を決めたばかりの仙台育英ナインとしては、5日目という日程はホッとした瞬間だろう。

 

さて、甲子園最後の切符を手にした仙台育英だが、8月7日から開幕を迎える甲子園で戦うメンバーはどのような構成になっているのだろうか。

出身中学も含め、さっそくみていこう。

スポンサーリンク

仙台育英野球部のメンバー&出身中学

背番号 名前 ポジション 学年 出身中学(出身チーム)
1 長谷川 拓帆  投手 3  秋田市桜中
2 渡部 夏史 捕手 3 仙台育英学園秀光中
3 前田 颯太 内野手 3 仙台市大沢中
4 斎藤 育輝  内野手 3 仙台育英学園秀光中
5 鈴木 佳祐  内野手 2 仙台育英学園秀光中
6 西巻 賢二  内野手 3 仙台育英学園秀光中
7 山田 利輝  外野手 3 仙台市南吉成中(仙台東部シニア)
8 佐川 光明  外野手 3 いわき市泉中(いわきボーイズ)
9 杉山 拓海  外野手 3 仙台育英学園秀光中
10 加藤 雅己  控え 3 仙台市将監東中(宮城北部シニア)
11 佐藤 令央  控え 3 仙台育英学園秀光中
12 尾崎 拓海  控え 3 西東京市保谷中(調布シニア)
13 阿部 大夢  控え 2 仙台育英学園秀光中
14 西村 和真  控え 3 西宮氏苦楽園中(尼崎北シニア)
15 若山 壮樹  控え 3 仙台市大沢中(宮城北部シニア)
16 馬目 郁也  控え 3 いわき市磐崎中(いわきシニア)
17 小川 拓馬  控え 3 平塚市大野中(湘南ポニー)
18 船木 颯真  控え 3 仙台市郡山中(東北シニア)

監督・・・佐々木 順一朗(57歳)

スポンサーリンク

東北高校との決勝戦では、以下のメンバーがスタメン出場。

打順 ポジション 名前 背番号
 1 ショート 西巻 賢二  6
 2 サード 鈴木 佳祐  5
 3 レフト 山田 利輝  7
 4 センター 佐川 光明  8
 5 ライト 杉山 拓海  9
 6 キャッチャー 渡部 夏史  2
 7 ファースト 前田 颯太  3
 8 セカンド 斎藤 育輝  4
 9 ピッチャー 長谷川 拓帆  1

甲子園でも注目したいのは、ショートで主将の西巻 賢二。決勝でも試合を決定づけるタイムリーを放っており、俊足巧打、そしてプロでもすぐに通用するとスカウトを唸らせた守備力は、甲子園でも躍動することだろう。

そしてエース左腕・長谷川 拓帆。県予選では7試合に登板し44.2イニングを投げ、奪三振43個、防御率は1.01という成績を残している。

最速は143キロ、アベレージは130キロ後半だが、連日連投でも投げ抜けるほどのスタミナは注目。制球力はやや不安があるものの、大崩れはしない要所を締めるピッチングにも着目してほしい。

まとめ

いかがだっただろうか。

甲子園最後の代表枠に滑り込んだ宮城代表・仙台育英。

先輩には、U-18日本代表でも活躍し、プロ野球へと進んだ平沢 大河(現・千葉ロッテ)や佐藤 世那(現・オリックス)がいる。

1年生の頃、その背中をじっと見続けてきた選手達が、見事甲子園を決めたのだ。

2015年の第97回大会では、決勝戦で惜しくも東海大相模に破れ、東北勢初となる優勝旗を持ち帰ることは叶わなかった。

その先輩達の無念を晴らすべく、今年こそ東北に優勝旗を持ち帰ってきてほしい。

関連記事

【仙台育英野球部】渡部選手の蹴りは故意なのか事故なのか?

【夏の甲子園】木更津総合野球部2017年メンバー&出身中学

【夏の甲子園】ホームラン本数記録歴代ランキング