今回は、習志野高校野球部2018メンバーを紹介するとともに、注目選手や出身中学も紹介していこう。

毎年、千葉県の強豪高校として夏の甲子園出場候補筆頭に上がってくる習志野高校

2017年の夏の大会では木更津総合に決勝で敗れ惜しくも甲子園を逃したが、その強さは確かなもの。2018年の夏を戦っていく新チームになっても、強豪らしさは変わっていない。

そこで今回は、夏の甲子園2018出場を目指し戦っていく習志野高校野球部2018メンバーを、秋季大会のメンバーから参考に紹介していきたいと思う。

スポンサーリンク

習志野高校2018メンバー&出身中学を紹介

背番号 名前 ポジション 学年 出身中学
(出身チーム)
1 佐藤 将聖  投手 2 匝瑳市八日市場第二中(佐倉シニア)
2 川島 直之 捕手 2 九十九里町九十九里中(九十九シニア)
3 岡 尚吾 内野手 2 成田市成田中(佐倉シニア)
4 鈴木 空吾  内野手 2 佐倉市井野中(佐倉シニア)
5 山本 亮太  内野手 1 江戸川区二之江中(オール江戸川)
6 石川 大智  内野手 2 八街市八街北中
7 加瀬 龍希  外野手 2 旭市第一中(佐倉シニア)
8 根本 翔吾  外野手 1 成田市成田中(佐倉シニア)
9 柏木 貞治  外野手 2 印西市印西中
10 山下 賢人  控え 2 船橋市大穴中
11 松井 紳悟  控え 1 四街道市千代田中(千葉ファイターズ)
12 兼子 将太朗  控え 1 市川市第七中(市川ボーイズ)
13 住田 洋介  控え 1 八千代市八千代中(京葉ボーイズ)
14 竹縄 俊希  控え 1 八千代市萱田中(千葉市リトルシニア)
15 佐々木 駿太  控え 1 千葉市磯辺中(千葉市リトルシニア)
16 古谷 拓郎  控え 1 鎌ヶ谷市立第二中
17 田島 怜明  控え 2 船橋市二宮中
18 高橋 辰也  控え 2 印西市印西中(千葉ファイターズ)
19 飯塚 脩人  控え 1 習志野第二中
20 松永 翔  控え 2 千葉市幕張中

・監督・・・小林徹

春の選抜

習志野高校は秋季大会準決勝で中央学院と対戦し、5-2で惜しくも敗戦。これにより関東大会出場を逃し、残念ながら春のセンバツ2018出場は絶望的となった。

春季大会

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

 

夏の高校野球

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

 

夏の甲子園

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

 

秋季大会

未定(結果が分かり次第随時追記予定)

スポンサーリンク

注目選手を紹介

佐藤 将聖(投手)

中学時代は佐倉シニアに所属し、2015年 U-15 アジアチャレンジマッチメンバーとして日本代表にも選出された経歴を持つ、習志野高校のエース。

習志野高校に入学後は1年夏からベンチ入りを果たし、この秋、遂にエースナンバーである背番号1を獲得。

中学時代から注目されてきた右腕が、エースとして習志野を導いていく。

古谷 拓郎(投手)

千葉県秋季大会2017で好投を魅せ注目されたもう一人の投手・古谷。大会直前に背番号16で急遽ベンチ入りを果たした古谷だが、市立船橋戦では完投、八千代松蔭戦でもリリーフとしてマウンドに上がり好投を見せた。

常時130キロ中盤のストレート、試合後半でも安定感のある投球を武器に、来春の大会では是非とも注目したい選手となってきた。

監督の経歴や特徴

習志野高校を率いるのは、小林徹監督。1980年には習志野のエースとして夏の甲子園に出場した経歴を持っている。

 

青山学院大学を卒業後、千葉県の高校教員となり市立船橋に赴任。野球部のコーチに就く。

1991年、キャリアとしては初となる監督に着任し、1993の春のセンバツと夏の甲子園、1995~1997に夏の甲子園に出場し、市立船橋の時代を築き上げた。

2007年に習志野高校に赴任し、母校の野球部監督に就任を果たした。

市立船橋の黄金時代を築いた手腕を生かし、2009春、2011夏の甲子園に出場。2011夏はベスト8という結果も残し、習志野高校の名を全国に轟かせた。

 

強豪高校にはありがちな雇われ監督ではなく、高校教員として教壇にも立つ小林監督。松戸南高校に赴任した際には既に野球部の監督がいたため、バレー部の顧問を務めていた経歴も持っている。千葉県の教員であるため、私立校に指導することは考えていないのだという。

1975年に習志野の監督として全国制覇を果たした恩師・石井好博氏の教えをベースに、”感性を磨くこと”を重んじており、選手達にもその考えを指導している。全てを教えるのではなく、「なぜダメだったのか、なぜメンバーから外されたのか」を自分で考える力を身につけることによって、監督の指導がなくとも成長していけるようになるのだという。

 

テレビにはあまり映りたくないというシャイな面も持っているが、その指導力は本物。

市立船橋、そして習志野高校を強豪へと成長させたその手腕で、2018年夏の甲子園、全国制覇を目指していく。

習志野高校からプロ野球入りした選手

進路
谷沢健一 中日ドラゴンズ(内野手)⇒野球解説者
斎藤喜 阪急ブレーブス(内野手)
醍醐恒男 阪急ブレーブス・南海ホークス(捕手)
掛布雅之 阪神タイガース(内野手)⇒阪神タイガースオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー
小川淳司 ヤクルトスワローズ(外野手)⇒東京ヤクルトスワローズ監督
後関昌彦 ヤクルトスワローズ・近鉄バファローズ(外野手)東北楽天ゴールデンイーグルススカウト
大塚賢一 南海ホークス⇒福岡ダイエーホークス⇒広島東洋カープ⇒西武ライオンズ(投手)
城友博 ヤクルトスワローズ⇒阪神タイガース(外野手)
野口寿浩 ヤクルトスワローズ⇒日本ハムファイターズ⇒阪神タイガース⇒横浜ベイスターズ(捕手)
花島寛己 千葉ロッテマリーンズ(投手)
福浦和也 千葉ロッテマリーンズ(内野手)
松比良平太 大阪近鉄バファローズ(捕手)⇒東北楽天ゴールデンイーグルス(ブルペン捕手)
山下斐紹 福岡ソフトバンクホークス(捕手)
上野啓輔 東京ヤクルトスワローズ育成選手(投手)
福田将儀 東北楽天ゴールデンイーグルス(外野手)

関連記事

【夏の甲子園】木更津総合野球部2017年メンバー&出身中学

【春の選抜高校野球2018】注目選手を紹介!大阪桐蔭・聖光学院がアツい

【春のセンバツ高校野球2018】大阪・京都・兵庫の出場校予想