選抜高校野球2017開会式/決勝戦前売りチケットの発売日や値段は?

4年ぶりのWBCで盛り上がる日本野球だが、もうひとつ、野球ファンには楽しみなイベントが待ち受けている。

センバツ高校野球だ。

夏の甲子園ももちろん魅力的だが、春のセンバツにはまた違った魅力がある。これまでの絶対的存在だった3年生が引退し、下級生だった者達が地獄の冬を超え、遂にその姿をグラウンドに現す時なのだ。

その肉体は一回り大きくなり、これまで注目されていなかった選手が急に化ける可能性を秘めている。

また、21世紀枠で選ばれる高校も魅力的である。夏では甲子園常連校の存在でなかなか出場できない高校が、夢の舞台に立つことができる。また、そういった高校が勝ち上がっていく姿はドラマチックであり、他の高校にも夢を与えることだろう。

冬のトレーニング期間、ボールを握ることもままならなかった選手達が遂に躍動するセンバツ高校野球。

熱狂的な高校野球ファンであれば、是非現地で観戦したいところだろう。

そのなかでもやはり人気なのは、出場校が一同に揃う唯一の瞬間である開会式。

そして当たり前かもしれないが、全国の頂点を決める決勝戦である。

さて、ではどうやってチケットを手に入れればよいのか?

スポンサーリンク

選抜高校野球2017開会式/決勝戦前売りチケットの発売日

プロ野球であれば、公式HPにアクセスすれば購入方法はいくらでもあるのだが、高校野球のチケットはどのように手に入れるのだろうか。

実は、高校野球も購入方法はあまり変わらない。

大手チケット販売会社で取り扱われているのだ。

チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイド、イープラスといった主要会社が販売を行っている。

各社のHPや、高校野球連盟のサイトを確認し、購入しよう。

前売り券の発売日

3月1日 10:00~

となっている。ちなみに、高校生といって余裕を持って購入するのは控え方が良い。かなりの争奪戦が予想されている。

そして前売り券を買う際に注意なのは、発売するのは1~2回戦の指定日券のみ(3月20日~27日の日付指定券)ということである。決勝戦等の前売り券は販売されないので、注意しよう。

開会式は1回戦でもあるため、前売り券の購入で観ることができる。

当日券

開門時に同時に販売が開始される。販売している場所は、阪神甲子園球場入場券発売窓口で販売されるので、当日券をお買い求めの方は場所をお間違えないように。

11日間通し券

センバツ高校野球を始めから終わりまで楽しむことができるチケット。この通し券は、開会式も決勝戦も観ることができるため、熱心な高校野球ファンなら手に入れたいところだろう。

スポンサーリンク

選抜高校野球2017開会式/決勝戦前売りチケットの値段

前売り券

一塁特別自由席・・・大人1500円、こども600円

三塁特別自由席・・・大人1500円、こども600円

※発売するのは1~2回戦の指定日券のみ(3月20日~27日の日付指定券)

当日券

中央特別自由席・・・大人、こども一律2000円

1塁特別自由席・・・大人1500円、こども600円

3塁特別自由席・・・大人1500円、こども600円

1塁アルプス自由席・・・大人、こども一律600円

3塁アルプス自由席・・・大人、こども一律600円

外野席・・・無料

<発売日>試合当日(開門時と同時に発売)

<発売場所>阪神甲子園球場入場券発売窓口 ※最終試合の4回終了後は大会本部で発売

11日間通し券

中央特別自由席・・・20,000円

1塁特別自由席・・・13,500円

3塁特別自由席・・・13,500円

1、3塁特別自由席は第1~4日と第5~8日をそれぞれ共通券。共通日のいずれかに利用できる。

 

いかがだっただろうか。未来のヒーロー達が躍動するセンバツ高校野球。今年はWBCもあるので、春から早速、野球ファンは心をアツくすることだろう。

関連記事

【日本シリーズ2017】チケット払い戻しの方法・やり方を紹介!

【クライマックスシリーズ2017】チケット発売日と購入方法!

夏の甲子園2017チケット発売日・価格(値段)や購入方法を紹介