今回は、夏の甲子園2017の優勝候補や出場校を予想していきたいと思う。また、戦力分析や展望に関しても触れていこう。

一足先に迎えた春のセンバツ大会は、史上初の同日2試合連続の引き分け再試合、そして決勝では大阪桐蔭vs履正社という、史上初の大阪同士の決勝戦。

その決勝戦では藤原選手の史上2人目の初回先頭打者本塁打からの史上初の1試合2本塁打を放ち、西島選手が史上初の代打本塁打を放つ等、史上初記録ずくめとなる珍しい大会となった。

そして今年の夏、8月7日に迎える全国高校野球選手権大会、通称甲子園。

不発に終わったリベンジを誓い、最後の夏を迎える早稲田実業・清宮や、春夏連覇を狙う大阪桐蔭、センバツ出場は叶わなかったが選手層は十分の横浜高校、守備力ではドラフト最有力の西巻擁する仙台育英等、今年も出場候補ならびに優勝候補が揃い踏みである。

そこで今回は、夏の甲子園2017の優勝候補や出場校を予想し、戦力分析、そして大会の展望を語っていきたいと思う。

スポンサーリンク

※追記

夏の甲子園2017の代表が決定しました!

こちらのページから県予選の振り返りも兼ねてご覧ください。

夏の甲子園2017の出場校を予想

北海道地区

北北海道・・・白樺学園

南北海道・・・札幌第一

東北地区

青森・・・八戸学院光星

岩手・・・盛岡大付

秋田・・・本荘

山形・・・酒田南

宮城・・・仙台育英

福島・・・聖光学院

関東地区

茨城・・・常総学院

栃木・・・作新学院

群馬・・・健大高崎

埼玉・・・聖望学園

千葉・・・木更津総合

神奈川・・・横浜

東東京・・・二松学舎大付

西東京・・・早稲田実業

中部地方

山梨・・・東海大甲府

新潟・・・日本文理

長野・・・佐久長聖

富山・・・富山第一

石川・・・星陵

福井・・・敦賀気比

静岡・・・静岡

愛知・・・東邦

岐阜・・・県岐阜商

近畿地方

三重・・・菰野

滋賀・・・滋賀学園

京都・・・福知山成美

大阪・・・履正社

兵庫・・・報徳学園

奈良・・・智弁学園

和歌山・・・智弁和歌山

岡山・・・倉敷商

中国地方

鳥取・・・鳥取城北

島根・・・開星

広島・・・如水館

山口・・・宇部商

四国地方

香川・・・英明

徳島・・・徳島商

愛媛・・・今治西

高知・・・明徳義塾

九州地方

福岡・・・東海大福岡

佐賀・・・佐賀学園

長崎・・・創成館

熊本・・・秀岳館

大分・・・明豊

宮崎・・・延岡商

鹿児島・・・樟南

沖縄・・・興南

 

以上、49代表。これが夏の甲子園2017に出場すると、私は予想している。

独断と偏見が混じっているため、どこまで正解するかはわからない。もしよろしければ、これを読んでいる方も、この中から何個当たるかを予想してみてほしい。

半分は当たると思うのだが・・・。

さて、次に、出場予想した中から更に、優勝候補を予想していきたいと思う。

スポンサーリンク

夏の甲子園2017の優勝候補と戦力分析

履正社(大阪)

やはり本命は”履正社”だろう。センバツ決勝では大阪桐蔭に破れたものの、その実力は日本一に輝くに相応しいものを持っている。

常に選手を育てていくという方針により、ワンマンチームにならないように配慮している。チームバランスも取れており、ベンチにいる者も含めた全ての選手が、戦力として数えられる。これは高校野球においてかなり大きい。

スラッガー・安田を打線の軸に、粘り強い野球を展開する。

同じ大阪の大阪桐蔭は、センバツ優勝という気負いがある分、県予選のどこかでコケてしまうのではないかという懸念も含め、大阪代表を履正社と予想した。

横浜高校(神奈川)

センバツ出場はしていないものの、夏の甲子園優勝候補には十分な実力である。エース左腕・板川を筆頭に、ドラフト候補外野手・増田、スーパー1年生・内海etc・・・。

名将・渡辺監督が勇退し、平田監督という新しい風が吹いた横浜高校。激戦の神奈川地区を勝ち抜けば、その勢いのままに甲子園優勝まで駆け上がってしまうのではないだろうか。

早稲田実業(西東京)

怪物・清宮幸太郎の存在はやはり大きい。今年のセンバツでも、その存在感は圧倒的であった。スイングスピードも申し分なく、その威圧感だけで相手のエラーを誘ったほどだ。

成長を感じる部分もある。去年の秋の都大会では、日大三高の櫻井のスライダーをことごとく振らされ5三振に終わったのに対し、センバツでは低めの変化球もしっかりと引きつけ、見極める技術を身につけていた。

また、清宮の後に続く4番・野村も屈指のスラッガー。例え清宮との勝負を避けたとしても、後続を打つ野村に打ち砕かれる。

投手陣にやや不安ありだが、バッティングでいえば甲子園でトップレベル。今年の夏は、優勝候補にも上がって来るだろう。

夏の甲子園2017展望

優勝争いは履正社を中心に展開されるだろう。早稲田実業、横浜高校も、まだ出場は確定していないものの、抽選会次第では一度波に乗れば順当に勝ち上がると予想される。

夏の甲子園関連