現段階では、まだ夏の甲子園の出場高校は決定していないが、大阪桐蔭高校野球部2017メンバー予想&出身中学を紹介していきたいと思う。

前回は春のセンバツ準優勝、そして同じ大阪地区でもある強豪・履正社高校の2017メンバー予想&出身中学を紹介した。

続いて今回紹介するのは、大阪桐蔭高校。

春のセンバツ決勝では、史上初となる大阪地区同士、履正社との激闘の末、見事優勝に輝いた。

狙うは春夏連覇。しかし、夏の地区予選にはリベンジに燃える履正社がいる。追われる側としてのプレッシャーも相当なものだろう。

この夏、大阪桐蔭はどういったメンバーで夏に臨むのか。

ハイポテンシャル選手・根尾、1年夏から公式戦出場経験を持つ藤原、センバツでは21打数12安打8打点の山田と、スーパー2年生の存在は欠かせないものだろう。

また、正捕手だった岩本は、今年の2月に左手有鉤骨を骨折。センバツでの出場は叶わなかったが、夏に賭けるリベンジに燃えている。

それでは、センバツでの結果を踏まえ、大阪桐蔭高校野球部2017メンバー予想&出身中学を紹介していこう。

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校野球部2017メンバー予想&出身中学(シニア)

それでは、春のセンバツでのメンバーを基に見ていこう。夏の大会ではベンチメンバーに多少の違いは発生するかもしれないが、恐らく大きなメンバー変更は無いと思われる。

番号 選手名 ポジ 学年 備考 出身
1 徳山壮磨 投手 3 右投げ右打ち 姫路高丘中
(兵庫夢前クラブ)
2 岩本久重 捕手 3 右投げ右打ち 北大路中
(大津北シニア)
3 福井章吾 一塁 3 右投げ左打ち 大阪豊中五中
(箕面ボーイズ)
4 坂之下晴人 二塁 3 右投げ右打ち 大阪市港中
(大正シニア)
5 中川卓也 三塁  2 右投げ左打ち 大阪市長吉中
(大阪福島シニア)
6 泉口友汰 遊撃 3 右投げ左打ち 御坊市河南中
(和歌山日高ボーイズ)
7 根尾昴 左翼 2 右投げ左打ち 飛騨市古川中
(飛騨高山ボーイズ)
8 藤原恭大 中堅  2 左投げ左打ち 大阪豊中五中
(枚方ボーイズ)
9 山本ダンテ武蔵 右翼 3 右投げ右打ち 江田島市三高中
(瀬戸内シニア)
10 香川麗爾 控え 3 右投げ右打ち 徳島市北井上中
(神戸中央シニア)
11 横河凱 控え 2 左投げ左打ち 米原市大東中
(湖北ボーイズ)
12 宮崎仁人 控え 2 右投げ右打ち 川西町三宅町組合立式下中
(志貴ボーイズ)
13 山田健太 控え 2 右投げ右打ち 稲沢市千代田中
(東海ボーイズ)
14 加藤大貴 控え 3 右投げ左打ち 紀北町湖南中
(海山シニア)
15 井上大輔 控え 3 左投げ左打ち 岐阜養老東部中
(尾張ボーイズ)
16 坂本義生 控え 3 右投げ左打ち 八尾市曙川南中
(八尾中央ボーイズ)
17 小林大介 控え 3 右投げ右打ち 奈良市登美ヶ丘中
(志貴ボーイズ)
18 西島一波 控え 3 右投げ右打ち 那智勝浦町下里中
(和歌山南紀ボーイズ)

 

背番号2は骨折により離脱していた岩本がつけるだろう。

メンバーは大阪出身が5名、和歌山2名、岐阜2名、奈良2名、滋賀2名、兵庫1名、広島1名、徳島1名、愛知1名、三重1名と、関西中心に部員を募っているようだ。

スポンサーリンク

大阪桐蔭高校注目の選手

根尾昴(投手・遊撃手・センター)

希代のハイポテンシャル選手、根尾昴。今年のセンバツ1回戦・宇部鴻城戦では遊撃手で先発し、8回にはセンターへ。2回戦・静岡との一戦では遊撃手から投手としてリリーフ。最速146キロの直球で相手をねじ伏せ、2イニングを無失点。

大谷を凌ぐ、脅威の”三刀流”として、2年生ながら既にプロのスカウトからの視線も熱い。

岩本久重(捕手)

今年のセンバツでは左手有鉤骨から出場は叶わなかったが、遠投110mの強肩、去年の府大会では打率5割をマークし、チームの要としては必要不可欠な選手である。

182cm、82キロと恵まれた体格を持ち、攻守ともに頼れる正捕手。今年の夏、再起を賭ける。

徳山壮磨(投手)

最速145キロの速球と、スライダー、フォーク、縦のカーブを操るプロ注目の右腕。

チーム1とも評されるノビのあるボールは、数字以上の球速に感じる。

コントロールも魅力のひとつで、内角、外角を丁寧に投げわけ、三振を狙うケースと打たせて取るケースを組み合わせ、試合を組み立てていく技術も持っている。

夏までに直球のスピードが更に上がれば、そう簡単には打たれることはないだろう。

まとめ

春のセンバツで優勝し、史上初の2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭。

2年生メンバーも多いが、例え下級生であろうと萎縮させずに伸び伸びとプレーできる環境は、大阪桐蔭の魅力だろう。

先輩は後輩を支え、後輩は先輩を敬うところが、大阪桐蔭の強さのひとつだろう。

今年の夏、果たして甲子園に出場するのは大阪桐蔭か、履正社か。

地方予選の時点で、既に目が離せない。

夏の高校野球関連