この記事では、夏の高校野球についてお伝えしていく。その中でも”埼玉大会(予選)2017”の結果&優勝予想に関して触れていこう。

今年、夏の甲子園の優勝候補にも挙がっている埼玉県。

その前哨戦てもいえる、甲子園を掛けた夏の地方予選が、7月8日に開幕を迎える。

使用される球場は、県営大宮公園球場、さいたま市営大宮球場、上尾市民球場、さいたま市営浦和球場、川口初雁球場、熊谷公園球場、越谷市民球場、朝霞市営球場、川口市営球場、所沢航空球場。

開会式も行われる、メインとなる球場は県営大宮球場。

春季関東大会で次々と他の強豪を破り優勝を果たした浦和学院は、甲子園でも優勝候補に挙がるほどのチーム。もちろん他にも、春季埼玉大会準優勝の花咲徳栄、春日部共栄など、全国でも名を馳せる強豪が多く、要注目である埼玉の地方予選。

甲子園大会での結果すら左右しかねない、そんな強豪ひしめく埼玉。今年、そのなかで甲子園の切符を掴むのはどこか。

優勝予想を踏まえ、結果をみていこう。

スポンサーリンク

夏の高校野球埼玉大会2017結果

※こちらは結果が分かり次第随時更新していきます

1回戦~2回戦

A

高校名 点数 高校名
浦和学院  28-0 三郷
浦和  2-0 上尾
細田学園 4-11  春日部東(①の勝者)
岩槻商① 1-9 春日部東
盈進東野 1-2 坂戸
鴻巣  2₋1
熊谷農②  1-13 桶川
川越 5-2 桶川(②の勝者)
大宮 11-4 春日部工(③の勝者)
春日部工 7-5 浦和北③
星野 3-2 武南
本庄東  2-1 埼玉栄
川口工④  0-2 坂戸西
白岡 3-9 坂戸西(④の勝者)
幸手桜 11-1 滑川総合(⑤の勝者)
滑川総合 9-5 上尾南⑤
市立川口  9-2 草加
狭山清稜  – 松山
越ヶ谷⑥ 0-3 浦和西
久喜北陽 4-3 浦和西(⑥の勝者)
越谷南 1-8 聖望学園(⑦の勝者)
飯能南⑦  1-3 聖望学園
深谷商  0₋10 草加西

B

高校名 点数 高校名
叡明  6₋0 桶川西
所沢商  7-0 草加東⑧
妻沼  – 所沢商(⑧の勝者)
所沢北  – 狭山工(⑨の勝者)
久喜工  19-4 狭山工
不動岡 15-0 川越初雁
宮代 10-0 岩槻北陵
浦和東⑩ 0-9 志木
開智未来  2-12 志木(⑩の勝者)
獨協埼玉  2-3 鷲宮(⑪の勝者)
鷲宮  4-1 新座総合⑪
秀明 1-11 大宮東
西武台 12-2 越谷北
白楊/児玉/深谷⑫ 0-12 早大本庄
熊谷商 4-4
延長15回引き分け再試合
早大本庄(⑫の勝者)
熊谷商 4-8
再試合結果
早大本庄(⑫の勝者)
朝霧 9-1 進修館(⑬の勝者)
大宮開成⑬ 1-9 進修館
川越南  6₋5 所沢中央
小鹿野  8-1 市立浦和
豊岡 2-1 三郷北⑭
川口 4-3 豊岡(⑭の勝者)
熊谷西 7₋2 草加南
入間向陽 0-17 春日部共栄

※熊谷商と早大本庄の再試合は、7月13日(木)”熊谷公園”にて12:00~スタートとなります。

C

高校名 点数 高校名
花咲徳栄  11₋1 越谷総合
秩父 4₋12 大宮南
鶴ヶ島清風 0-12 武蔵越生(⑮の勝者)
武蔵越生 13-0 三郷工技⑮
山村国際  5₋2 熊谷
松状 2₋11 八潮南
開智⑯  – 大宮光陵⑯
深谷第一 10-9 開智(⑯の勝者)
小川 6-2 朝霧西(⑰の勝者)
朝霧西 7-5 和光⑰
上尾鷹の台/上尾橘/越生/新座  0₋10 浦和実
埼玉平成 10₋0 杉戸農
立教新座 15-0 いずみ⑱
秩父農工大 0-7 立教新座(⑱の勝者)
浦和商 4-2 羽生第一(⑲の勝者)
羽生実⑲  0-24 羽生第一
庄和  2₋4 大宮西
狭山経済  0₋7 川越総合
蓮田松韻⑳ 4-17 昌平
所沢 1-5 昌平(⑳の勝者)
川口青陵  10-3 城北埼玉(㉑の勝者)
浦和工㉑  4-5 城北埼玉
大宮商 0-27 ふじみ野

 

D

高校名 点数 高校名
川越工  10-0 寄居城北
熊谷工㉒ 4-7 西武文理
栄東 0-8 西武文理(㉒の勝者)
新座柳瀬 2-1 所沢西(㉓の勝者)
春日部㉓ 0-1 所沢西
大宮武蔵野  2₋9 杉戸
本庄  6₋8 川越東
本庄第一  7-1 慶應志木㉔
富士見 2-5 本庄第一(㉔の勝者)
栗橋北彩 18-11 栄北(㉕の勝者)
城西大川越㉕ 6-8 栄北
鳩山  0-10 東農大三
山村学園 6₋2 八潮
伊奈学園㉖  5-7 川越西
与野  – 川越西(㉖の勝者)
正智深谷 7-8 狭山ヶ丘(㉗の勝者)
狭山ヶ丘  2-0 大宮北㉗
秀明英光  5₋0 国際学園
日高  3₋4 飯能
北本  4-1 南陵㉘
岩槻 5-12 北本(㉘の勝者)
越谷西  3-10 大宮工
越谷東  0₋20 市立川越

 

3回戦

【7月15日(土)】

高校名 点数 高校名
浦和学院 7-0 浦和
 埼玉平成 3-2 立教新座
花咲徳栄 20-1 大宮南
 春日部東 13-3  坂戸
 聖望学園 7-3  草加西
八潮南 8-1 深谷第一
 川越 5-1 鴻巣
 市立川口 7-3 滑川総合
久喜北陽 12-3 松山
 大宮西 10-0 浦和商
浦和実  5-2 朝霞西
本庄東 4-0 坂戸西
武蔵越生 10-4 山村国際
星野 12-0  大宮
ふじみ野  9-2  川口青陵
川越総合  5-4 昌平

 

【7月16日(日)】

高校名 点数 高校名
大宮東  4-1 鷲宮
 春日部共栄  8-1 熊谷西
 市立川越 11-1  大宮工
 叡明 8-4 所沢商
新座柳瀬 3-2  杉戸
川越工 11-3 西武文理
 狭山ヶ丘 9-4  秀明英光
 山村学園 3-2 川越西
北本  9-2 飯能
 所沢北 3-0 不動岡
 西武台 5-1 早大本庄
  川越東 8-2 本庄第一
 東農大三 3-2 栄北
 川口 11-2 小鹿野
 朝霞 5-4 川越南
志木 7-2 宮代

4回戦

【7月17日(月)】

星野14-8川越 延長10回 浦和実5-1八潮南 聖望学園5-4久喜北陽

高校名 点数 高校名
 浦和学院 7-0 春日部東
本庄東 5-4 市立川口
武蔵越生 2-8  花咲徳栄
ふじみ野 8-1 川越総合
大宮西 5-7  埼玉平成
川越 8-14 星野
浦和実 5-1 八潮南
久喜北陽 4-5  聖望学園

【7月18日】

高校名 点数 高校名
 市立川越 0-1 北本
川口  2-3 春日部共栄
 狭山ヶ丘 0-1 山村学園
 志木 1-8 大宮東
叡明 7-0 所沢北
 西武台 4-5 朝霞
 新座柳瀬  1-8 川越工
 東農大三 6-10 川越東

【7月21日】

高校名 点数 高校名
浦和学院 4-3 星野
北本 3-12 山村学園
 浦和実 1-5 花咲徳栄
 本庄東 2-4 聖望学園
叡明 5-2 大宮東
朝霞 0-10 春日部共栄
川越東 3-7 川越工
ふじみ野 6-2 埼玉平成

ベスト8決定。

浦和学院・山村学園・花咲徳栄・聖望学園

叡明・春日部共栄・川越工・ふじみ野

 

準々決勝

【7月23日(日)】

高校名 点数 高校名
浦和学院  3-0 聖望学園
叡明 5-7 春日部共栄
ふじみ野 1-9 花咲徳栄
山村学園 4-3 川越工業

※【浦和学院vs聖望学園】、【ふじみ野vs花咲徳栄】⇒試合会場は「大宮公園球場」

【叡明vs春日部共栄】、【山村学園vs川越工業】⇒試合会場は「市営大宮球場」

入場料金⇒一般500円、学生証提示で中学生・高校生は200円で入場可能。

ベスト4決定。

  • 浦和学院
  • 春日部共栄
  • 花咲徳栄
  • 山村学園

 

準決勝

【7月24日】

高校名 点数 高校名
浦和学院 3×-2 春日部共栄
山村学園 7-11 花咲徳栄

※試合会場は県営大宮球場。

 

決勝

高校名 点数 高校名
花咲徳栄 5-2 浦和学院

スポンサーリンク

高校野球埼玉大会2017優勝予想!

浦和学院

まず、圧倒的強さを誇る浦和学院は、優勝候補筆頭だろう。

春季関東大会では、横浜、前橋育英、日大三、東海大相模と、甲子園でも名のある名門を次々と破り優勝。その強さは既に全国でもトップクラスであることを証明している。

中でも2年生左腕・佐野の存在は大きい。関東大会では4試合に登板し、11.1イニングで17奪三振、防御率は0.00を叩き出した。

ストレートと同じ腕の振りで、打者の手元で鋭く縦に落ちるスライダーは、対戦した打者が軒並み「あれは打ちにくい」と印象深く語るほど。

打線はやや小ぶりな印象だが、日大三から6点を奪うなど、夏に向けてもうひとつスケールアップすれば、投手陣の負担も減ってくる。

甲子園に出場すれば、優勝さえ有り得てくる浦和学院。まずは地方予選をいかに順当に勝ち進んでいけるかが勝負だろう。

花咲徳栄

そんな浦和学院に対抗するのが花咲徳栄。

春季埼玉大会決勝では、浦和学院に7-6で惜敗。しかしながら打線は強力であり、春季埼玉大会の平均得点数は10点。圧倒的打力は浦和学院にも勝るとも劣らないチームである。

なかでも2年生ながら4番に座る野村は驚異的で、春季大会では他と比べても広めの県営大宮球場で3本塁打。うち1本はバックスクリーンに飛び込む大飛球だった。内外角を打ち分ける器用さも持ち合わせており、間違いなく花咲徳栄の軸として機能している。

また、力投派右腕・清水は最速149キロを誇り、ドラフト候補にも挙がるなど、こちらも注目したい選手のひとり。やや荒さはあるものの、一度波に乗ると手がつけられないような投球で、他を圧倒する。

守りの浦和学院と、強打の花咲徳栄。この2強がどのような試合を演じていくのか、注目である。

春日部共栄

さて、そんな2強に一石を投じようとしているのは春日部共栄。

近年の埼玉の勢力図といえば浦和学院か花咲徳栄かというイメージだが、春日部共栄も間違いなく全国で戦えるレベルにある。

春季大会では花咲徳栄に10-2で破れたが、投打のバランスも良く、「今年こそ甲子園に」という目標も高い。

目立ったスターはいないが、投打の噛み合い方次第では浦和学院、花咲徳栄をおびやかす存在になることは間違いないだろう。

まとめ

いかがだっただろうか。

出場校数160以上の激戦区・埼玉。

そのなかでも全国区レベルの強豪が軒を連ねるこの状況で、果たしてどの高校が甲子園に出場するのか。

私個人としては、やはり浦和学院と花咲徳栄の決勝戦が観たい。お互いに違う良さがあり、また春季大会のリベンジという意味もある。

7月8日に開幕するが、まずは組み合わせにも注目したい。

関連記事

【夏の甲子園】木更津総合野球部2017年メンバー&出身中学

【夏の甲子園】広陵高校野球部2017メンバー&出身中学

【高校野球】夏の甲子園の組み合わせ抽選会の抽選方法や決め方とは?