今回は、高校野球で使われているかっこいい&面白い応援歌ランキング2017最新版をお届けしよう。

甲子園といえば、球場中に響き渡る応援歌も名物のひとつ。

それは大勢のブラスバンドの演奏だったり、スタンドにいる部員の声だったりとさまざまである。

中には振り付けを盛り込んでスタンドを盛り上げたり、お揃いのハチマキを巻いて一体感を出していたりと趣向を凝らしたチームもあり、毎年の楽しみのひとつでもある。

応援に使用される曲もさまざまで、往年の名曲であったり、その年に流行していた曲だったり、その高校のオリジナルだったりと、選手によって使い分けられている。

そこで今回は、夏の甲子園を先取りし、高校野球で使われているかっこいい&面白い応援歌ランキング2017最新版をここで紹介していきたいと思う。

スポンサーリンク

かっこいい&面白い応援歌ランキング2017最新版!

定番編

狙い撃ち-山本リンダ

定番中の定番である、「狙い撃ち」。恐らくほとんどのチームが応援歌に採用しているといってもいいほど。

 

サウスポー-ピンクレディー

こちらも人気の定番曲。緊張感のあるイントロから始まり、「ここぞ!」という場面で演奏されるチャンステーマでもある。

それにしても、関西の応援の迫力は凄まじい・・・。

 

アフリカンシンフォニー-ヴァン・マッコイ

最強の定番曲。最初に応援歌として採用したのは1987年の智弁和歌山だが、そこから爆発的に拡大。2007年の甲子園では、49校中33校が応援歌として採用しているなど、絶大な人気を誇る。動画は本家ともいえる、智弁和歌山の演奏。

 

see off-BRAHMAN

こちらはやや異色の応援歌だが、いまや定番となっている曲だ。原曲はロックバンドのBRAHMAN。この曲を、日立一高の女子生徒が応援歌に採用したことがきっかけとなり、瞬く間に全国へと広がった。疾走感のある曲で、こちらもチャンステーマに使われることも多い。動画は元祖・日立一高の演奏。

 

最新曲編

紅蓮の弓矢-Linked Horizon

アニメ・進撃の巨人のOPテーマであったこの曲も、最近は高校野球の応援歌で聴くようになった。原曲も壮大な雰囲気であり、ブラスバンド映えする曲であったことから採用されたのだろうか。「進撃」という言葉も、攻撃中の応援としてはピッタリはまっている。

 

あまちゃん-連続ドラマ小説『あまちゃん』より

NHK連続ドラマ小説『あまちゃん』で使用されていた曲。楽しげで軽快な曲調だが、2013年の甲子園では「魔曲」として扱われていた。この曲が演奏されたとき、甲子園の魔物が呼び起こされたかのように何かが起こるのだ。この曲を採用した延岡学園はこの年、準優勝という快進撃を見せた。

この曲が演奏されたときには、是非プレーに注目してほしい。

 

Perfect human-RADIO FISH

流行を敏感に取り入れる大阪桐蔭は、このような曲も採用していた。印象的なフレーズである「な・か・た なかた」の部分を選手名に変えることで、意外にも汎用性が高くなっている。スタメンにもし中田選手がいれば、否応無くこの曲が採用されることだろう。

 

チャンステーマ編

スポンサーリンク

菅生ミックス-民謡ミックス

ノリの良さは最大級。個人的にもかなり好きなチャンステーマである。東海大菅生が、かっぽれねぶた、ソーラン節、ちゃっきり節、会津磐梯山の民謡をミックスし演奏したことが由来。

この曲の威圧感はとてつもなく、演奏された敵側は大きくプレッシャーを感じるのだという。

 

ジョックロック-YAMAHA MIDI音源

あまりにも有名であり、通称「魔曲」とも呼ばれるのがこのジョックロック。智弁和歌山が応援歌に採用し、この曲が演奏されると流れが一気に智弁和歌山に傾くことから、魔曲と呼ばれるようになった。

使用されるのは8回以降、得点圏にランナーが進んだとき。ここぞという場面でしか演奏しない。ジョックロックが演奏されるときにはスタンドの応援も一際大きくなり、相手チームにプレッシャーを与える。このプレッシャーこそ、流れが傾く大きな理由だろう。まさしく応援が得点を作り出す、魔曲なのだ。

 

おもしろ編

行くぜっ!怪盗少女-ももいろクローバーZ

 

One Night carnival-氣志團

 

R.Y.U.S.E.I-3代目 J soul Brothers

3つを一気に紹介させていただいた。応援歌が面白いというより、応援が面白いのが、滋賀学園。

思わずスタンドの応援に注目したくなってしまうほど、ユニークな振り付けでスタンドを盛り上げている。一体いつダンスを練習しているのか気になるが、さすがは野球部員、息の揃った完璧なダンスを披露している。

今年、滋賀学園が甲子園に出場した際には、是非スタンドにも注目してほしい。

まとめ

いかがだっただろうか。

私個人のお気に入りは、やはりジョックロック。この曲の演奏が始まった瞬間にどことなく漂う緊張感が、たまらなく好きなのである。

選手を力強く後押ししてくれる、スタンドの応援。あるのと無いのとでは、選手のモチベーションも大きく変わってくるだろう。

もし、あなたが甲子園で観戦するならば、スタンドにいるブラスバンドや野球部員と共に、声を出し応援してあげてほしい。

関連記事

甲子園出場した際に送るお祝い金や寄付金の相場はいくら?

春のセンバツ高校野球2018出場予想&21世紀枠候補

春のセンバツ高校野球2018の入場曲(行進曲)や主題歌の曲名は?