この記事では、夏の高校野球についてお伝えしていく。その中でも”西東京大会(予選)2017”の結果&優勝予想に関して触れていこう。

西東京の甲子園をかけた地方予選大会は、7月8日に開幕を迎える。

会場はダイワハウススタジアム八王子、府中市民球場、ネッツ多摩昭島、多摩市一本杉、市営立川、八王子市上柚木公園球場、町田市小野路球場、神宮球場、神宮第二球場の各球場。

開会式や決勝が行われるメイン会場は神宮球場となる。

今年は清宮最後の大会ということもあり、西東京大会の注目度はかなり高い。観客が殺到することも予想されており、地方大会では異例となるチケットの前売り制度の導入や、清宮擁する早稲田実業の試合は、観客数を考慮し全てを神宮球場で行うよう検討するなど、大会運営も”清宮シフト”を敷いている。

他にも、名門・日大三、去年に甲子園初出場を決めた八王子など、総勢130校以上がひしめく西東京。

毎年、大混戦が予想されているが、果たして今年、甲子園の舞台に立つのはどの高校となるのか。

優勝予想とともに、結果をみていこう。

スポンサーリンク

高校野球西東京大会2017結果

※こちらは結果が分かり次第随時更新していきます

7月15日以降の試合

【7月15日】

高校名 点数 高校名
 早稲田実 92 南平
 帝京八王子 1112 芦花
 府中 39 法政大高
 私立武蔵 103 啓明学園
穎明館 18 桜美林
 東大和南 49 八王子北
久留米西 212 明学東村山
杉並 07 日本学園
東海大菅生 32 桐朋
昭和一学園 61 昭和
 南多摩中等 35 聖徳学園
 世田谷学園 91 小平西
専大付 46 総合工科
 石神井 23 武蔵村山
学芸大付 011 立川国際
國學院久我山 811 日大三

 

【7月16日】

高校名 点数 高校名
清瀬 1-6 駒大高
 佼成学園  9-2 上水
松が谷 2-3 国士舘
中大付 1-8 八王子
練馬  6-2 福生
明法 3-1 中大杉並
日大二 10-4 府中工
 明大明治  7-3 富士森
 大成  0-7 日大鶴ヶ丘
桜町 0-6 日野
神代・農業 2-8 拝島
 拓大一 1-3 保谷
 八王子実践 5-6 明大中野八王子
都市大高 0-9 創価
明星 9-5 三鷹中等
 成城学園 4-9 錦城

 

【7月17日】

高校名 点数 高校名
 早稲田実  140 芦花
 法政大高 83 私立武蔵
 桜美林 01 八王子北
 明学東村山 47 日本学園
 東海大菅生 121 昭和一学園
 聖徳学園  310 世田谷学園
 総合工科 87 武蔵村山
 立川国際 013 日大三

【7月18日】

高校名 点数 高校名
明大明治 0-10 国士舘
練馬 5-6 佼成学園
八王子 12-0 明星
駒大高 7-4 日大鶴ヶ丘

【日大二 対 明法】・【明大中野八王子 対 保谷】・【創価 対 日野】・【拝島 対 錦城】は雨につきノーゲーム。

7月19日へ持ち越し。

【7月19日】

高校名 点数 高校名
日大二 12-4 明法
明大中野八王子 11-1 保谷
創価 5-4 日野
拝島 2-8 錦城

【7月20】

 

 

【全体表1回戦~2回戦】

高校名 点数 高校名
早稲田実業  92 南平(②の勝者)
調布北①② 2-13 駒場学園①②
南平 3−2 駒場学園②(①の勝者)
井草 0-8 帝京八王子
多摩大聖ヶ丘 1-11 芦花
帝京大高 5-7 府中
多摩工 3-6 法政大高
東大和 5-6 市立武蔵
光丘 1-8 啓明学園
穎明館 4-3 翔陽
大泉 0-13 桜美林
東大和南 2-1 羽村
府中東 2-10 八王子北
久留米西  20-2 多摩
都立武蔵 3-11 明学東村山
工学院大付④  07 杉並④(③の勝者)
杉並 ③④ 12-1 五日市・瑞穂農芸・明星学園③④
日本学園 7−0 杉並(④の勝者)
日野 ⑥の勝者
つくば大駒場⑤⑥ 1-6 松蔭⑤⑥
桜町⑥ 43 松蔭⑥(⑤の勝者)
成瀬  78 都市大高
創価 30 豊多摩
三鷹中等 7-0 青梅総合⑦
五商 217 三鷹中等(⑦の勝者)
国分寺 13 明星
中大付⑧  42 調布南⑧
八王子 ⑧の勝者
松原  07 保谷
杉並工  05 拓大一
八王子実践  210 八王子桑志
東村山西 212 明大中野八王子
日大鶴ヶ丘  100 日野台
大成  81 秋留台
小平南⑩ 16 清瀬⑩(⑨の勝者)
清瀬⑨⑩ 10-1 町田⑨⑩
駒大高  ⑩の勝者
国士舘 ⑫の勝者
都市大等々力⑪⑫ 2-13 早大学院⑪⑫
松が谷 2−1 早大学院⑫(⑪の勝者)
大東学園 114 富士森
明大明治 100 東京高専
農大一 211 日大二
四商 56 府中工
明法 82 国大基督教大高
中大杉並 54 府中西
拝島 61 立川
神代・農業 92 電機大高
東村山 37 成城学園
国立 14 錦城
小平 04 練馬
町田工 0-12 福生
千歳丘 ⑭ 411 上水⑭(⑬の勝者)
和光⑬⑭ 1-12 上水⑬⑭
佼成学園 ⑭の勝者
成蹊⑮⑯ 1-8 桐朋⑮⑯
小川 0-4 桐朋⑯(⑮の勝者)
東海大菅生 32 桐朋(⑯の勝者)
昭和一学園 103 玉川学園
武蔵野北 14 昭和
南多摩中等 1710 深沢
聖徳学園 76 永山
世田谷学園 130 西
田無 1013 小平西
山崎 0-13 専大付
総合工科 73 聖パウロ学園
石神井 16-3 練馬工
片倉 3-6 武蔵村山
田無工 5-6 学芸大付
学芸大国際 27 立川国際
日大櫻丘⑱ 212 國學院久我山⑱(⑰の勝者)
國學院久我山⑰⑱ 7-4 狛江 ⑰⑱
日大三 11−8 國學院久我山(⑱の勝者)

【7月21日】

高校名 点数 高校名
八王子北 01 日本学園
東海大菅生 81 世田谷学園
総合工科 23 日大三
早稲田実 50 法政大高

【7月22日】

高校名 点数 高校名
創価 0-4 八王子
明大中野八王子 6−4 駒大高
国士舘 4−7 日大二
錦城 3−10 佼成学園

【7月25日】

高校名 点数 高校名
早稲田実 5−1 日本学園
東海大菅生 5−0 日大三

【7月26日】

高校名 点数 高校名
明大中野八王子 8-12 八王子

【7月27日】

高校名 点数 高校名
日大二 11-8 佼成学園

 

【7月28日】

高校名 点数 高校名
早稲田実 4−1 八王子
東海大菅生 11−8 日大二

決勝

【7月30日】

高校名 点数 高校名
早稲田実  2-6 東海大菅生

スポンサーリンク

高校野球西東京大会2017優勝予想!

一番の期待はやはり早稲田実業だろう。

※動画の内容は2017年に行われた沖縄招待試合。【早稲田実業vs沖縄尚学】

春季大会決勝では日大三との試合ということもあり、ナイターでありながら観客の数は2万人を超えた。互いにノーガードの打ち合いとなり、9回に17対13と突き放されるも清宮の同点スリーラン。やはり特別な場面で打つ、スター性を魅せつけた。

やや投手力に不安が残るが、野村や清宮が打線を支えている。多少の失点はものともしない強さで、甲子園出場となるか。

次に期待されるのは日大三。

清宮から5三振を奪ったという経験を持つ、プロ注目投手・櫻井という絶対的エースの存在は大きい。ストレートとスライダーを織り交ぜ、三振の山を築く。

また、関東大会からはプロ注目の長距離砲・金成もマウンドに上がっている。その野球センスは投手でも発揮されており、高校生左腕最速の150キロのストレート、そして櫻井直伝のスライダーを武器に持っている。身長193cmという角度のついた直球は、そうやすやすと打たれることはない。この2枚看板で、甲子園の座を奪い取る。

また、去年、悲願の甲子園初出場を決めた八王子高校も見逃せない。

冬のトレーニングを超え、最速147キロにまで球速がアップし、一躍プロ注目となったエース・米原。コントロール抜群の左腕、早乙女との2枚看板で、打倒・早稲田実業を掲げ、夏の予選に挑む。

まとめ

いかがだっただろうか。

130校を超え、強豪も多くひしめく西東京ブロック。一度負ければ全てが終わる夏の予選では、勝ち上がれば勝ち上がるほどにプレッシャーは重くのしかかってくる。技術的な強さだけでなく、精神的な強さも求められるだろう。

高校野球ファンも期待も一段と大きい。今年はこの予選大会みたさに、大混雑も予想されている。

全国からも注目されている西東京大会、今年、神宮で喜びの涙を流すのはどの高校だろうか。

夏の高校野球関連記事